このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

特集「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」第1回

まさかのコラボ「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」発動

「老後はVRゲーム廃人に」SAO川原礫先生 IBMと一緒に未来を語る

2016年02月22日 14時00分更新

文● 盛田諒 撮影●神田喜和 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

話題騒然のIBM×SAOコラボ
川原先生がIBMの最新コグニティブ・コンピューティングを体験

 人気小説『ソードアート・オンライン』(SAO)の世界をバーチャルリアリティーで実現する。IBMとSAOのコラボレーションで生まれた夢の企画が「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」。2月22日に特設サイトがオープンしたばかりだ。

 コントローラーを使うのではなく、実際に自分の身体を動かして遊ぶゲーム。原作者の川原礫先生は、試作段階のゲームを体験して「今までのゲーム体験とはまったく異質」であることに驚かされたそうだ。

 「いまやゲームの主役はスマホ。寝っ転がって指1本です。五感で味わう体感とは逆に進化してますよね。SAOも、実際は寝転がっていますが、ゲームの世界では疲労感を感じるという設定です。ぜひみなさんもモンスターに追いかけられて走るといった体験をしてもらい、将来のVRゲームがどうなるかを感じて欲しいです」(川原先生)

 川原先生は子供のころに手に入れた「X68000」に始まり、自作PCへの投資金額も数えきれないほどのコンピューター好き。法人用メインフレーム「IBM z13」を見て「これ最小構成でいくらですか?」と尋ねていたほどだ。

 そんな川原先生が、SAOを書いたきっかけ、SAOで描いた世界の現実味、そして、やがて訪れるであろう未来についてIBMと考えた。

「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」
イベント公式サイトはこちら!

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社