このページの本文へ

47種類、合計1200個のパーツ、最小0.7mmの部品が踊るぅぅぅ

腕時計パーツでピタゴラスイッチ! セイコーのPVかっけえええ

2016年03月14日 13時11分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セイコーが機械式腕時計のパーツを使った「ピタゴラ装置」をつくり、ビデオを公開中(特設サイト「Art of Time」)。47種類、合計1200個のパーツから構成された装置の上で最小0.7mmの部品が踊り、フィニッシュまで一直線。

 パーツの詳細はエンドロールで解説される。セイコーでは同時にビデオのメイキング映像も公開中。撮影総時間は3日間、70時間にも及んだとか。驚くべきは音楽の作曲がセイコーの服部真二CEOであること。多才すぎでしょ!

 実際腕時計の工場に行くと、とてつもなく精巧・精緻・精密なパーツの世界に圧倒されるもの。それにしてもすごいなこれ。もっかい見よ。




盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。好きなものは新しいもの、美しい人。腕時計「Knot」ヒットの火つけ役。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「“うんこが漏れない世界を”DFree

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART