このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

特集「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」 ― 第3回

雰囲気満点の会場、全身スキャン、プロト・ナーヴギア、“あの”UIに感動

アルファテスト体験速報「SAO ザ・ビギニング Sponsored by IBM」4つの見どころ!

2016年03月18日 08時00分更新

文● ゆうこば 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
応募総数10万超! 本日からアルファテストが始まった、話題騒然のVRゲーム「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」

本日からのアルファテストに先駆けて密かな見どころをお届け!

(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

 ども、ゆうこばです。

 今回、一足先に「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」のアルファテストを体験させていただきました。

 ゲーム本編についてはテストプレイしてのお楽しみということで、本日は本編以外にもぜひチェックしたい“密かな見どころ”を4つお伝えいたします。もちろん、惜しくも抽選に外れてしまった10万超の方々も一緒に楽しめる情報ですよ。

 VRという特性上、体験者が言葉を尽くしてもなかなか面白さが伝わりにくいのですが、これでいくばくかでも感じ取っていただけたら幸いです。

密かな見どころその1『これゲームちゃう! 臨床試験や!?』

 もう雰囲気からしてゲーム会場じゃありません。みなさんもテストルームに足を踏み入れた瞬間『あ、これガチなやつだ』と思い知ること請け合いです。

 僕はゲームのアルファテストという名目で、医療補助器具メーカーの臨床試験に放り込まれてしまったのかと思いました。だって係員がほぼ全員、白衣着てるんですよ。残りの人たちはスーツだし、明らかにVIPっぽい方までいらっしゃいましたからね?

『この状況、“哀れ実験台にされてしまうが、なんやかんやあって主人公に十把一絡げで助けられる役”そのものだよね……?』とか思いましたが、大人なので口には出しませんでした

密かな見どころその2『その場で俺氏の3Dデータが完成!』

 出来合いのキャラを動かすのではありません。SAOではプレイ前にナーヴギアで自身をスキャンしたという描写がありますが、今回のアルファテストでもテストルーム内にスキャン用の別室が備えられています。コートやジャケットを脱ぎ、立ったまま“大の字”を作るような格好で全身をスキャンしました。

 そしてわずか数分後、プレイ空間に移動し、ナーヴギアを着けてログインすると……先ほどスキャンした我が身がキャラクターとして出現します。一人称のゲームなので、自分では手首ぐらいしか見えませんが、それでもリアルタイムにグーパーするとキチンと反映されるなど、かなり感動を覚える仕上がりです!

 ゲーム中には鏡を見るシークエンスがあり(原作的に不吉ッ!)、そこには確かにもう一人の自分が!

4人一組でテストプレイするので、自分以外の3人の全身を見ることはできる。(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】Mod PCの魅力がわかる!ジサトラ出張、仙台

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社