このページの本文へ

特集「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」 ― 第2回

超話題!! VRゲーム「SAO ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を体験してきた!

2016年03月17日 17時30分更新

文● 大河原克行、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KADOKAWA 電撃文庫の人気小説『ソードアート・オンライン』(SAO)は、日本IBMとのコラボレーションにより、VRゲーム「ソードアート・オンライン」の世界観を、日本IBMのクラウドサービス「SoftLayer」を使って体感できるイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を、2016年3月18日~20日まで開催するのに先駆け、報道関係者にその様子を公開した。

(C)SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT
「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」。2016年3月18日~20日の開催に先駆け、報道関係者にその様子を公開

アルファテスターへの申し込みは10万人。選ばれた208人が3日間に渡って参加

 SOAシリーズは、川原礫氏原作の小説で、第15回電撃小説大賞「大賞」を受賞。2009年4月の第1巻発売以来、累計発行部数は1150万部を突破。TVアニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ製作などが行なわれており、劇場版アニメの制作も決定したところだ。

 小説内では、2022年にサービスを開始するVRMMO(Virtual Reality Massively Multiplayer Online=仮想現実大規模多人数オンライン)ゲーム「ソードアート・オンライン」を舞台に、主人公・キリトの活躍を描いた物語となっており、今回の日本IBMとのコラボレーションでは「実は、2016年にアルファテストを行なっていた」という誕生秘話をウェブサイトで展開。それを読者などに実体験してもらおうという企画だ。

 今年2月にアルファテスターとして、参加者の募集を行なったところ10万人の申し込みがあり、その中から選ばれた208人が3月18日~20日の3日間に渡って参加することになる。

 体験イベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」では、イベント参加者自身をスキャンした3Dモデルがアバターとして登場。VR空間でつながれた他の参加者たちと一緒になり、VRゲームを体験できる。テストブースではヘッドマウントディスプレイを含めたヘルメット型のデバイスを装着し、立った状態で体験することになる。

写真左側の白い箇所で参加者の3Dスキャンを行なう
参加者をスキャンした3Dデータ
ゲーム用3Dデータを制作
こちらも制作中の様子
ヘルメット型のデバイスを装着し、立った状態で体験
装着するヘルメット型のデバイス
指示にしたがってアクションを行なう

 ゲーム内には、ナビゲーター役としてコグニティブ・コンピューティングから名付けた「コグ」が登場し、ゲームの進行をサポートする。“IBMのコグニティブ・コンピューティング・システム関連技術が未来のゲームに活用されたらどのようなことができるのか?”をイメージしたものだ。

 日本IBMのクラウドサービス「SoftLayer」上に、VR空間を創出。SoftLayerを活用することで、高い負荷がかかるデータを高速処理することで、現実世界の臨場感をVRMMOゲーム上で再現している。

 また、アルファテストにあわせて、テスト会場限定のコンテンツをスマートフォンに配信する。

リンクスタート
はじまりの街
プレー中の様子(はじまりの街)
バトルシーン

 日本IBMでは、「今回のイベントは体験するという点でもユニークなもの。日本IBMが提唱するコグニティブ・コンピューティングが、未来のゲームにおいて活用されたらどうなるのかがイメージできる内容であり、IBMの最新技術がいかにビジネスや生活に変革をもたらすのか、テクノロジーが拓く未来と将来の活用の可能性について体感してもらいたい」としている。

 SoftLayerは、IBMが提供するパブリッククラウドサービスで、全世界28ヵ所のデータセンターを持ち、140カ国で3万ユーザーを誇る。

 2014年12月に、東京データセンターを開設しており、仮想サーバーだけでなく、データセンター内の物理サーバーの性能をフル活用できる環境を整えている。また、GPUの搭載が可能であることから、3Dスキャンしたデータから高速な動画生成が可能という特徴がある。

 全世界に拠点を持つことから、世界の主要エリアにおいての遅延が少なく、さらに、世界各地のデータセンターとネットワーク接続拠点は、複数の10Gbps以上の光ケーブルで相互接続。インターネット接続のほか、プライベートネットワークを用いたデータ通信に関しても、転送量に関わらず無料であり、それでいて、データセンター間で安定した高速通信が行なえるという特徴も備えている。

 日本IBMによると、100MBのデータをTCPで送信したケースで、スループットを計測したところ、米国とアジア間での接続において、競合のクラウドサービスに比べて、2倍以上という大幅な差が出たという。

 世界最大級のオンラインゲームネットワークを誇る英国Multiplayでは、SoftLayerにおいて約50万人のプレーヤーをサポート。変化の激しい要件にも柔軟に対応できるとした。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART