このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows 10最新アップデートでココが変わった! - 日本MSが説明会

2015年11月19日 13時00分更新

文● 小山安博、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは18日、Windows 10の最新アップデートに関する説明会を開催。新バージョンにおける特徴などを紹介した。日本からのフィードバックとしては、「Cortana」(コルタナ)の搭載、日本語表示の改善などが実施されたほか、法人向けにも多くの新機能を追加されている点をアピールする。

「Windows As A Sertices」

 Windows 10は、これまでのOSとは異なり、一定期間ごとにメジャーアップデートという形で大幅な改善を加えるのではなく、継続的にアップデートを繰り返す「Windows As A Sertices」というモデルで開発が行われている。

Windows 10初のメジャーアップデートとなるNovember Update。これまで、メジャーアップデートというと3年ごとの新OSの登場まで待つ必要があった

 これまでは、おおむね3年ごとのメジャーアップデートだったが、Windows 10では今回、7月末のリリース後3ヵ月半ほどで最初のメジャーアップデートが11月12日に配信され、通称としては「November Update」と呼称されている。

 このアップデートでは、「200以上」(日本マイクロソフトWindows本部長・三上智子氏)という改善点が加えられた。Windows 10ではさまざまなデバイスで共通のOSとして搭載することが目標とされており、今回のアップデートではゲーム機のXbox One向けにも提供を開始。スマートフォン向けにも「間もなく」(三上氏)配信される見込みだ。

Windows本部長の三上智子氏
端末を問わず、Windows 10の動作する環境を目指す。まずはXbox Oneで、続いてスマートフォン向けにも提供をする予定。アップデートではユーザーの声を反映し、企業向け機能も多く追加した

 Windows 10には「Windowsフィードバック」アプリが搭載され、ユーザーが簡単に要望やバグ報告などを発信できるようになっており、このアップデートでもこうしたユーザーの声を反映している。また、多くの企業が評価をしており、こうした意見も採り入れたアップデートになっているという。

主な新機能

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART