このページの本文へ

IGZOや3G搭載でWindows 10とAndroid 5.0が動くタブレット

2015年10月08日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高解像度なIGZOディスプレーや3G通信機能を搭載しつつ、OSもWindows 10とAndroid 5.0のデュアルブートに対応するという、中国Teclastのハイエンドタブレット「X98 Air 3G DualOS」が東映無線ラジオデパート店に入荷した。

IGZO液晶や4コアSoC、3G通信機能と全部入りな「X98 Air 3G DualOS」がリニューアル。Windows 10とAndroid 5.0を搭載する最新版が店頭にやってきた

 端末自体は昨年末に登場したモデルだが、今回入荷したのはOSが刷新された最新バージョン。従来はWindows 8.1 with Bing/Android 4.4の組み合わせだったところ、今回のモデルではWindows 10 Home(32bit)/Android 5.0の最新構成に変更されている。

 その他スペックは同様で、「IGZOディスプレー」を謳う2048×1536ドットの高精細9.7型液晶、クアッドコアのIntel Atom Z3736F(最大1.83GHz)、メモリー2GB、ストレージ64GBを実装。ネットワークはBluetooth 4.0と無線LANをサポートするほか、3G通信機能も搭載するなど、ほぼ全部入りといっていい豪華仕様になっている。

 なお、詳細はこちらの関連記事も合わせて参照していただきたい。

スペックや外見はそのままで、OSのみが刷新された。Windows 10とAndroid 5.0を1台で使える、贅沢な1台だ

 東映無線ラジオデパート店における販売価格は2万9980円と、スペック・機能を考えれば割安。そのためすでに取材時点で完売、ショップでは「近く再入荷を予定している」と説明している。買い逃したガジェットマニアは次回以降の入荷を狙おう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART