このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第46回

Googleがトップではない国はどこ?

いつの間にか日本もGoogle寡占! 検索エンジンシェア早わかり2015

2015年08月24日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』
そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>

もはや検索エンジン=Google!?

 PCに加えてスマホが浸透し、インターネットがより身近になった。最早、検索をしない日はないという人も多いだろう。検索エンジンと言えばGoogleの天下という印象があるが、果たしてその通りなのだろうか。各国の検索エンジンシェアと、日本における状況を見ていこう。

ほとんどの国はGoogleがトップ

 StatCounterで各国の検索エンジンシェアを見ていこう(2015年8月時点)。以下、断りを入れない限り基本的にPCの検索エンジンを取り上げる。なお、StatCounterによると、モバイルにおける検索エンジンシェア比率は、PCとほぼ変わらない。

 記録されている2008年7月から2015年8月まで、Googleは常にトップシェアを維持している。ところが、国ごとに見ると多少の増減があるようだ。

 日本ではGoogleが61.12%に対し、Yahoo!が32.57%、Bingは5.67%。一見、Yahoo!が健闘しているように見えるが、Yahoo!JAPANの検索エンジンアルゴリズムはGoogle製を採用しているため、事実上Googleの寡占状態なのだ。

 その他、アジア、欧州、南米、アフリカ諸国でも、おおむねGoogleは90%前後のシェアを占め、残り数%をBingやYahoo!で分け合っている状態だ。やはりGoogleは全体として見るとかなり優勢だ。

各国の検索エンジンシェア(2015年8月現在)
(%) 全体 日本 米国 アフリカ アジア 欧州 北米 オセアニア 南米
Google 89.26 61.12 79.06 94.16 90.77 90.78 81.81 92.73 94.64
bing 3.45 5.67 8.9 2.51 1.23 3.5 7.99 5.34 2.24
Yahoo! 3.36 32.57 9.7 1.92 1.92 2.05 8.17 0.94 2.32
YANDEX 1.74
AOL 0.84 0.64
Baidu 0.89 0.2 2.13
Naver 0.57
Ask Jeeves 0.49 0.12 0.43 1.08 0.32 0.45 0.19 0.65

StatCounter調べ

Googleが入り込めていない国も

 しかし、Googleが独占状態ではない国もある。Googleのお膝元である米国では、Googleが79.06%、Yahoo!9.7%、Bingが8.9%となっている。Bingは6月の11.14%から大幅に減少しているが、これはBingの仕様変更にStatCounterが対応できていないためであり、実際は少なくともこれほどの減少は起きていないようだ。

 さらに詳細に見ると、2014年12月には、Googleシェアが前月から2%以上減少し、その分Yahoo!が増えていた。MozillaがFirefoxの米国版デフォルト検索エンジンを12月のアップデートでGoogleからYahoo!に切り替えた影響によるものだが、Googleは現在までにその差を縮めてシェアを元に戻したようだ。Googleの底力が感じられる。

 台湾では、2014年3月まではGoogleのシェアは60%程度しかなかったが、2015年8月時点でGoogleが77.37%と20%弱も伸びている。Yahoo!は20.65%だ。同様に香港でも、Googleが68.46%→78.15%に対して、Yahoo!が27.54%→17.7%となっている。

 ロシアでは、Googleは46.32%。自国の検索エンジンであるYANDEX RUが44.09%。韓国では、Googleは52.33%、韓国に本社を構えるNAVERが39.98%と健闘している。前回に比べると、ロシアではYANDEX RUとGoogleが、韓国ではNAVERとGoogleの逆転が起きている。Googleがそれぞれの国でトップシェアを握ったというわけだ。

 しかし、わずかだがGoogleが入り込めていない国もある。中華人民共和国は、日本からは撤退した自国のBaiduが72.43%、Haosouが13.79%、Googleはわずか2.53%となっている。

(次ページでは、「日本では男性・若年齢層でGoogleが健闘」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ