このページの本文へ

ASUS「X99-E WS」

PCI-E x16を7本備えるASUS製のX99マザー「X99-E WS」

2014年10月31日 23時47分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCI Express3.0(x16)スロットを7本搭載する、ASUS製のX99チップセット搭載マザーボード「X99-E WS」の販売が今日からスタートした。

PCI Express3.0(x16)スロットを7本搭載する、ASUS製のX99チップセット搭載マザーボード「X99-E WS」

 「X99-E WS」は、フォームファクターがCEB(305×267mm)サイズの、LGA2011-v3対応ウルトラハイエンドマザーボード。搭載チップセットはIntel X99 Expressで、CPUはCore i7-5000シリーズのほか、サーバー/ワークステーション向けのXeon E-1600/2600 v3シリーズもサポートする。

 拡張スロットは、2基のPLX製PCI Express3.0ブリッジチップの追加により7本のPCI Express3.0(x16)スロットを実装。動作モードはx16+x0+x16+x0+x16+x0+x16もしくはx16+x8+x8+x8+x8+x8+x8(40/28レーンCPU搭載時)で、フルレーンによる4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFireXをサポートしている。

2基のPLX製PCI Express3.0ブリッジチップの追加により7本のPCI Express3.0(x16)スロットを実装。フルレーンによる4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFireXをサポートしている
SATA Express×2、SATA3.0×12、eSATA×2、USB 3.0×14などを装備する

 ソケットには、X99世代から導入されたオーバークロック耐性を高めるためピン数を増やした「OC Socket」を採用。デジタル制御の電源回路には「12K solid capacitors」「Beat Thermal Choke」「Dr.MOS」「ProCool Power Connector」などの高品質コンポーネントを搭載。

 主なスペックは、メモリースロットがDDR4-DIMM×8(DDR4-3200/3000/2800/2666/2400/2133、最大128GBでXeon搭載時はECCをサポート)。オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット(Intel)×2、8chサウンド、M.2スロット(Gen3 x4動作)×1、SATA Express×2、SATA3.0×12、eSATA×2、USB 3.0×14などを装備する。
 販売ショップおよび価格は以下の通りだ。

ワークステーション向けとされるが、メインマシンのマザーボードとして発売を待っていた人もいるかもしれない。ゲーム用途にも十分過ぎる1枚だ
価格ショップ
「X99-E WS」
¥62,380OVERCLOCK WORKS
¥64,690BUY MORE秋葉原本店
¥64,692パソコンショップアーク
オリオスペック
ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社