このページの本文へ

ASRock「X99 Extreme11」

SATA×18ポートのASRock製ハイエンドX99マザーが週末店頭へ

2014年10月30日 23時43分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 X99チップセットを搭載したASRock製LGA2011-v3対応マザーボードの最上位モデル「X99 Extreme11」が11月1日(土)から発売となる。計18のSATA3.0ポートを備える、ハイエンドモデルだ。

11月1日(土)から発売される、X99チップセットを搭載したASRock製LGA2011-v3対応マザーボードの最上位モデル「X99 Extreme11」

 「X99 Extreme11」は、E-ATXフォームファクターのLGA2011-v3に対応するIntel X99 Express搭載のコンシューマー向けウルトラハイエンドマザーボード。チップセット標準の10ポートSATAコネクターに加え、LSI SAS 3008コントローラーによる8ポートのSAS/SATAコネクターを追加搭載することで合計18個のコネクターが利用可能となる。

 5本のPCI Express3.0(x16)で構成される拡張スロットは、PCI Express3.0ブリッジチップのPLX PEX8747を搭載することで、フルスペックの4-Way SLI/CrossFireXをサポート。メモリースロットはDDR4-DIMM×8(DDR4-3200+/2933/2800/2400/2133/1866/1600/1333/1066、最大512GBでXeon搭載時はECC、Redistered DIMMをサポート)。

チップセット標準の10ポートSATAコネクターに加え、LSI SAS 3008コントローラーによる8ポートのSAS/SATAコネクターを追加搭載することで合計18個のコネクターが利用可能
5本のPCI Express3.0(x16)で構成される拡張スロットは、PCI Express3.0ブリッジチップのPLX PEX8747を搭載することで、フルスペックの4-Way SLI/CrossFireXをサポートする

 そのほか、チップセット用アルミニウム合金ヒートシンク搭載するほか、デジタルPWM12電源フェーズデザイン、日本メーカー製導電性高分子コンデンサーの採用、Premium Memory Alloy Choke、Ultra Dual-N MOSFET、Premium 60A Power Chokeを使用した強力な電源回路を備える。

 なお、オンボードインターフェースとして、ギガビットイーサネット(Intel)×2、8chサウンド、M.2スロット(Gen3 x4動作)×2、SATA3.0×18、eSATA×2、USB 3.0×8などを装備する。

M.2スロット(Gen3 x4動作)×2搭載

 価格はパソコンショップアークとドスパラ パーツ館で8万9964円。このほか、ツクモパソコン本店でも入荷が予定されている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中