このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第372回

「LUMIX FZ1000」可変モニター&4K動画も猫撮りに便利!

2014年09月12日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
夜の明るいとはいえない部屋で寝ている「大五郎」をそっと狙ってみた。室内望遠って手ブレしやすくて危険なんだけど、ISO 3200でもちゃんと撮れてて肉球はピンク(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)
夜の明るいとはいえない部屋で寝ている「大五郎」をそっと狙ってみた。室内望遠って手ブレしやすくて危険なんだけど、ISO 3200でもちゃんと撮れてて肉球はピンク(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)

 パナソニックの「LUMIX DMC-FZ1000」で楽しく猫を撮るぞシリーズ後編は、前回触れなかった機能から。

がっしりしたFZ1000のボディ。レンズがやたら太いけど太い分にぎりやすくてよかったりする がっしりしたFZ1000のボディ。レンズがやたら太いけど太い分にぎりやすくてよかったりする

 FZ1000は1インチという大きめセンサー搭載だから画質がいいし、25-400mm相当の高倍率ズームで近くの猫も遠くの猫も撮れるし、F2.8-4.0とレンズも明るいしAFも高速なので、いつでもどこでもぐわっと撮れるし、モニターもバリアングルだし、EVFがついてるからしっかり覗いて撮ることもできる。

 めちゃ優秀なカメラだが、写真を見るとわかる通りデカい。まあこれだけの性能を詰め込んだらこのくらいの大きさ・重さにはなるんだが、多少デカくてもいいから、性能重視でレンズ一体型がいい、となると今はこれがイチオシなのだな。

 で、今回はまずバリアングルモニターの話。

 最近、チルト式モニターのカメラが増えてきたけど、これはモニターが上下に角度を変えられるもの。構造がシンプルで使いやすいけど「縦位置で撮るときは意味ないじゃん。俺、縦位置で撮るのが好きなんだよぉ」という人に不評なのだ。

 その点、FZ1000はいったんモニターが横に開いて回転するので、縦位置でのローアングルやハイアングル撮影もできる。

 横位置でローアングルするときはチルト式の方が手早くできて便利だけど、縦でも横でも撮りたいって人にはやはりこれが今のところ一番なのだ。

 具体的に縦位置ローアングルだとどんな写真が撮れるのか、というとこんな写真である。

川原で座ってくつろいでたらまだ若い猫が近づいてきたので顔だけをいれて縦位置で狙ってみた。こういう写真をさっとほぼ準備なく撮れるのはなかなかよし(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)川原で座ってくつろいでたらまだ若い猫が近づいてきたので顔だけをいれて縦位置で狙ってみた。こういう写真をさっとほぼ準備なく撮れるのはなかなかよし(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)

 猫の顔の高さくらいにカメラを構え、モニターを開いて縦位置ローアングル撮影したのだ。こういうのをさっと撮れる。

 お次も縦位置ローアングル。

ベンチの裏に隠れていた猫を地面スレスレの縦位置で狙ってみた。縦位置だと首や前足の様子も一緒に撮れて実は猫撮影にいいのだ。「なんだこいつ」って顔をされちゃいましたが(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)ベンチの裏に隠れていた猫を地面スレスレの縦位置で狙ってみた。縦位置だと首や前足の様子も一緒に撮れて実は猫撮影にいいのだ。「なんだこいつ」って顔をされちゃいましたが(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)

 地面スレスレの位置にカメラを置き、望遠で遠くにいる猫を狙ってみた。カメラを縦に持って地面スレスレにし、モニターを開いて上から覗き込めば、這いつくばらなくてもこういうアングルで撮れる。

 横位置の顔のアップもいいけど、縦にすれば前足も入ってそのときの猫の様子も撮れるのだ。

 縦位置ローアングル3発目は、玄関前で寝てる門番猫。

緑の玄関の前に緑のマット。暑い日だったのでへちゃーとなって寝ておりました。それを遠くからこっそり……いやめちゃバレてるからこっそりでもないけど、狙ってみた(2014年8月 パナソニック DMC-FZ1000)緑の玄関の前に緑のマット。暑い日だったのでへちゃーとなって寝ておりました。それを遠くからこっそり……いやめちゃバレてるからこっそりでもないけど、狙ってみた(2014年8月 パナソニック DMC-FZ1000)

 緑色の玄関が気に入ったので、縦位置にして玄関だってことがわかるギリギリの構図にして猫を一番下に置いてみた。

 まあ、門番をしてるんじゃなくて、単に玄関マットの感触が気持ちいいんだろうけど、なかなかいい感じ。

 バリアングルモニターで縦位置を撮る時は、単に右手でカメラをグリップして腕をだらんと下に垂らすだけでいい(そうすると、カメラは自然とグリップ側を上にした縦位置になる)から、実はとても楽ちん。

 しゃがんで腕をだらんと垂らして開いたモニターを見るだけでいいのだ。実は横位置ローアングルより腕は楽チンなのである。

(次ページに続く、「4K動画ならそのまま静止画に切り出しても問題ナシ!」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART