このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第371回

新たなベスト猫撮りカメラ!? 光学16倍ズーム搭載の「LUMIX FZ1000」

2014年09月05日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
じーっと伏せて顔を低くして、こっちをにらみつけてる姿がケモノっぽくてカッコいい。そんな猫をこちらも地面ギリギリの高さで望遠で狙ってみた(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)
じーっと伏せて顔を低くして、こっちをにらみつけてる姿がケモノっぽくてカッコいい。そんな猫をこちらも地面ギリギリの高さで望遠で狙ってみた(2014年9月 パナソニック DMC-FZ1000)

 以前、2014年上半期のベスト猫撮りコンデジはオリンパスの「Stylus 1」だ、って話をしたかと思う(関連記事)。そして下半期。

 もっとすごい猫撮りコンデジが登場したのだ。パナソニックの「LUMIX DMC-FZ1000」(実売価格10万円前後、以下FZ1000)である。

レンズをめいっぱい望遠に伸ばした「FZ1000」。モニターもわかりやすいよう開いてみた。ただし……デカいです。一般的なミラーレス一眼よりデカくて重め レンズをめいっぱい望遠に伸ばした「FZ1000」。モニターもわかりやすいよう開いてみた。ただし……デカいです。一般的なミラーレス一眼よりデカくて重め

 猫撮り向きコンデジの条件は、近くにいるときは広角、遠くにいるときは望遠、しっかり狙って撮りたいときはファインダー、猫目線で撮りたいときは可動式モニター、それらが揃ってて、なおかつオートフォーカスが速くて高画質なカメラ、である。

 FZ1000は広角側は25mm相当、望遠側はなんと400mm相当と十二分な高倍率ズームレンズを持っていながら、EVFもバリアングル液晶も搭載し、いろんな姿勢でいろんなとこにいる猫を撮れるのだ。これは楽しい。

 しかも、1インチという大きなイメージセンサーを搭載。一般的なコンデジが1/2.3インチ、ちょっと上のクラス(Stylus 1など)が1/1.7インチなのだから、1インチってのはかなり大きいのだ。

 イメージセンサーがデカいと(おおざっぱにいって)画質も期待できるわけで、実際、FZ1000での画質はかなりいい。

 見た目はとてもコンデジではないんだけどね。レンズが交換できない本格派ミラーレス一眼って感じ。

 デカい分、賛否両論でそうだけど、これ1台あれば何でも撮れそうだし、使い勝手もなかなかいいので個人的には気に入っております。

 というわけで、ベンチの裏にこそっと隠れてる猫がいたので、広角端と望遠端の両方で撮り比べてみた。

広角(25mm相当)で1mくらいの距離から猫を、地面スレスレで撮影。ベンチの裏の様子など、猫が隠れてる場所まで撮れる
広角(25mm相当)で1mくらいの距離から猫を。地面スレスレで撮影。ベンチの裏の様子など、猫が隠れてる場所まで撮れる
ほぼ同じ位置から逆に望遠(400mm相当)で。顔のどアップが撮れるのだ
ほぼ同じ位置から逆に望遠(400mm相当)で。顔のどアップが撮れるのだ

 背景全体を入れた写真から顔のどアップまで撮れるのである。これは楽しい。猫を撮るときって、撮る側があまりちょこまか動き回ると、その動きが猫に影響を与えてしまうので高倍率ズームは便利なのだ。

(次ページに続く、「望遠スペックが目立つが広角もなかなか」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART