このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第386回

FZ1000にRX100M3……2014年の猫デジカメ総まとめ(その1)

2014年12月19日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
こちらを意識してないきりっとした顔を遠くからこっそり狙ってみた。近づかなくても撮れる望遠レンズだからこその表情である(2014年8月 パナソニック LUMIX DMC-FZ1000)
こちらを意識してないきりっとした顔を遠くからこっそり狙ってみた。近づかなくても撮れる望遠レンズだからこその表情である(2014年8月 パナソニック LUMIX DMC-FZ1000)

 2014年ももう終わるわけで、今年のデジカメを総括する的な記事をいくつかのところで書いてるんだけど、個人的にはもう「ハイエンドコンデジがいよいよきたぞ」な年だったのである。

 コンデジ自体が売れなくなってるのは確かなんだが、それは今まで市場を引っ張ってきた「普及型デジカメ」の話で、各社ともそれに合わせてラインナップをぐっと縮小してるのであるが、実はその影で、より性能を追求したハイエンド機にいいものが登場しつつあるのだ。

 それがなかなかいいのである。一眼レフやミラーレス一眼と違って、レンズ交換の必要がないし、その気になれば片手で操作できちゃうし、コンパクトなのでさっと取り出せる。猫撮り的にいいのはそのあたりだ。

 今回はそんなハイエンドコンデジで撮った猫写真を集めてみた。

 性能的にはパナソニックの「DMC-FZ1000」が筆頭である。

「DMC-FZ1000」「DMC-FZ1000」

 とにかく広角も望遠も撮れてAFも速くて4K動画も撮れて、モニターも可動する。猫撮り的にはもうパーフェクトなのだが……残念ながらデカい。

 デカいけどレンズ交換式カメラを普段から使ってる人にはこのくらいOKなんじゃないかと思うので大丈夫。

 冒頭写真がそれ。もうひとつ、広角ローアングルのもどうぞ。

 1台でどっちも撮れるのが便利すぎるのだ。

望遠に強いカメラだけど広角でも撮れるのだ。近寄らせてくれたので開いたモニターを見ながらローアングルで。口を開けてるけど怒ってるわけじゃないです(2014年8月 パナソニック LUMIX DMC-FZ1000)
望遠に強いカメラだけど広角でも撮れるのだ。近寄らせてくれたので開いたモニターを見ながらローアングルで。口を開けてるけど怒ってるわけじゃないです(2014年8月 パナソニック LUMIX DMC-FZ1000)

 カメラ臭さや画質面では同じくパナソニックから秋に出た「DMC-LX100」がいい。

「DMC-LX100」「DMC-LX100」

 猫撮り目的には望遠がちょっと足りないし、モニターがチルトしないので変なアングルでは撮りにくいというのはあるけど、AFは速いし、画質もいい。個人的には好きなカメラ。

 高感度にも強いので飼い猫用にいいかも。

カメラを向けたらうちの大五郎が「それはいったいなんだ?」という顔で寄ってきたので慌てて撮影。AFが速いのでちゃんとピントが間に合った(2014年11月 パナソニック LUMIX DMC-LX100)
カメラを向けたらうちの大五郎が「それはいったいなんだ?」という顔で寄ってきたので慌てて撮影。AFが速いのでちゃんとピントが間に合った(2014年11月 パナソニック LUMIX DMC-LX100)

(次ページに続く、「ソニーのDSC-RX100M3やキヤノンのPowershot G7Xも!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART