このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第153回

「iOS 8」はBluetooth 4.1をサポートするか

2014年08月29日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

 Appleには「接続規格」の将来性を見極め、率先して採用しようとするカルチャーがあるようだ。近年ではThunderboltを他のプラットフォームに先駆けて採用したことが思い出されるが、マウスやキーボードなど入力装置の接続規格として本格的にUSBを利用したのはiMacだったし、そのとき同時に行なわれたフロッピーディスク廃止という決断も、反対の意味で規格の将来性を見据えてのことだ。後のキーボード/マウスのBluetoothによるワイヤレス化も、規模からするとAppleが潮流を作ったと言っていいだろう。

 Bluetooth Smartを積極的に活用しようとする最近の動きにも、Appleらしい規格の「読み」が見え隠れする。今回はBluetooth周辺の動向を紹介しつつ、HomeKitやHealthKitが導入された背景と、BluetoothがiOSに与えるであろう影響について考えてみたい。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中