このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第162回

iOS 8の「WKWebKit」でWebアプリが変わる

2015年04月10日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu)、編集●ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

進化を続ける「Safari」

 AppleにとってSafariは、引き続き「要注力」のプロダクトといっていい。目を引く新機能の追加やUIの変更は行なわれていないため、iOS 8およびOS X Yosemiteがリリースされたときにはさほど話題に登らなかったが、着実に進化を続けている。

「WebGL」

 まず、Safariで5年以上前から実装が進められてきた「WebGL」が、iOS 8の(Mobile)Safari 8で正式にサポートされた(関連リンク)。その後リリースされたOS X YosemiteのSafari 8でも、長らく隠し機能扱いされていたWebGLがデフォルトで有効になっている。ついに、WebGLがSafariの正式機能に昇格したというわけだ。

ついにSafari標準の機能となり、環境設定パネルにスイッチが追加された「WebGL」(iOSのSafariにはスイッチがなく、デフォルトで有効のまま)
WebGLライブラリ「Three.js」を使用したメガデモ「City of Lights」。iPhone 6でも30fps程度でスムーズに描画できる

「IndexedDB」

 HTML5の一部である「IndexedDB」のサポートにも注目しておきたい。IndexedDBはJavaScriptからアクセスできるKey-value型のデータベースAPIであり、WEBブラウザのローカルに相当量のデータをキャッシュすることで効率的な検索を可能にする。従来のSafariも同じくKey-value型のDBである「WebStorage」― LocalStorageとSessionStrageの2種類あるが、前者を指すことが多い ― をサポートしていたが、HTML5仕様では非推奨とされており、機能的にもIndexedDBのほうが優れている。

IndexedDBの対応を判定する短いJavaScriptを用意し、iPhone 6/iOS 8.2のSafariでアクセスしたところ。IndexedDBをサポートしていることがわかる

APNG(Animated Portable Network Graphics)

 さり気なく「APNG」(Animated Portable Network Graphics)もサポートされた。かれこれ10年以上前にMozillaが提唱した規格だが、すでにGIFアニメが存在したこと、PNGの規格策定団体(PNG Group)に公式フォーマットとして認められなかったことから、長らく顧みられなかったものだ。しかし、GIFアニメは近ごろのリッチなコンテンツと比較すると品質は低い。ファイルサイズが大差ない上に24bitカラーや8bit透過色を使えて高品質なAPNGに目が向くのも、当然の成り行きだ。

CSSのさらなるサポート

 ほかにも、円など任意の形に合わせてテキストが回り込む「CSS Shapes」、透明レイヤーを重ねあわせたかのような表現を可能にする「CSS Compositing & Blending」など、CSSのサポートが強化された。表現の幅が広がるという意味で、注目すべき新機能といえるだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中