このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第69回

iOSアプリのBluetooth事情

2012年01月16日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

「Game Kit API」とBluetoothサポート

 Bluetoothといえば、マウスやキーボード、ヘッドセットなどの機器をつなぐための規格と認識している向きが多いのではなかろうか。確かにそれも正しいが、各種機器間をつなぐ「近距離無線通信規格」としたほうがより正確だ。

 iOSもBluetoothをサポートしている。対応するプロファイル――機器の種類ごとに策定された通信規格――は限定的ながらも、キーボード(HID)やAV機器のリモコン(AVRCP)、スピーカー(A2DP)と、OSのバージョンアップにつれ強化される方向にある。

 アプリケーションAPIレベルでの整備も進められている。ゲームアプリにネットワーク関連機能を提供する「Game Kit」がそれだが、前述したHIDやAVRCPといったプロファイルとは分けて考えたほうがいい。

 iOS 3の頃に登場したGame Kitは、当初ピア・ツー・ピアでの通信(LANとBluetooth)のみサポートしていたが、iOS 4.1のとき大幅に機能アップされた。目玉はやはり「Game Center」のサポートだが、Bluetoothによる通信も「ユーザーの操作なしで接続を確立」できるようになり、「複数のデバイスとの同時接続」も可能になった(関連リンク1/PDF、関連リンク2)。iOSデバイスを近づけるとすぐにデータ通信を開始するなど、iOSデバイス間の近距離通信に関する機能はGame Kitによるものだ。

Game Kit APIを利用すると、iOSデバイス間をLAN(Wi-Fi)やBluetooth経由で接続することが容易になる

 注意しておきたいのは、Game KitにおけるBluetoothサポートはiOS独自のものであること。プロファイルとして標準化された通信方式ではないため、Game Kitベースのアプリ間でなければならず、Android端末などほかのプラットフォームに属す機器とは通信できないのだ。

 Android端末とコツンとぶつけてデータ交換する方法もあるが(Bump API)、アップル純正のGame Kit APIを使用するかぎり、iOSデバイス以外の端末とBluetoothでやり取りすることは難しい。Mac OS Xについてもまた然り、だ。

以前Bluetoothを使用していた「Bump」は、独自APIを開発し、Androidなど異種プラットフォームとのデータ交換を可能にする道を選択した
Bump App
価格無料 作者Bump Technologies
バージョン2.5.7 ファイル容量8.2 MB
カテゴリーソーシャルネットワーキング ユーザーの評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中