このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新ハイエンドオーディオ、本当のところ第9回

DSDやバランス駆動を備えた高級ポータブルプレーヤー

ハイレゾ機の定番、第2世代Astell&Kernを比較試聴

2014年09月28日 12時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイレゾプレーヤーの基準となった「Astell&Kern」

 ハイレゾ対応のポータブルプレーヤーとして、いまもっともポピュラーな存在といえば、Astell&KernのAKシリーズだろう。2012年に登場した「AK100」以来、音質改善モデルやカラバリなど、バリエーションモデルを多数輩出しながら、ラインアップを広げている。

 2014年に入ってからは、プラットフォームを一新した第2世代モデルが登場。ハイエンドの「AK240」を皮切りに、この夏には中位の「AK120II」、エントリーの「AK100II」が揃い、基本的な機能に共通感を持ちながら、予算や用途に合わせて選択ができるようになった。

左からAK240、AK120II、AK100II。AKシリーズの第2世代機が出揃った。

 ここでは各モデルの特徴を紹介しながら、音質や機能の違いなどを見ていくことにする。まずはざっくりと各モデルの仕様の違いから。

AKシリーズの主な仕様
機種名 AK240 AK120II AK100II AK120(参考)
実売価格 27万円強 20万円弱 10.1万円弱 13万弱(8月時点)
容量 256GB 128GB 64GB 64GB
DAC CS4398×2基 CS4398 WM8740×2基
microSDスロット 1基(128GB) 2基(128GB)
PCM
(再生時)
32bit/192kHz
(24bit/192kHz)
32bit/384kHz
(24bit/192kHz)
24bit/192kHz
(24bit/192kHz)
DSD
(再生時)
5.6MHz
(ネイティブ)
5.6MHz
(PCM変換:24bit/176.4kHz)
2.8MHz
(PCM変換:
24bit/88.1kHz)
バランス駆動出力 ○(4極φ2.5mm)
Wi-Fi/Bluetooth ○/○ ─/○
USB DAC入力 PCM:
24bit/192kHz
DSD:
5.6MHz
PCM:
24bit/96kHz
DSD:
5.6MHz(24bit/96kHz変換)
PCM:
24bit/96kHz
または
16bit/192kHz
光デジタル出力
サイズ 66×17.5×107mm 55×14.9×118mm 55×14.9×111mm 59.2×14.4×89.1mm
重量 185g 177g 170g 144g

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ