このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2014レポート第25回

独Be Quiet!社が日本上陸、同社初のPCケースは日本先行発売

2014年06月07日 23時09分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUクーラーと電源ユニットを手がけるドイツのメーカーBe Quiet!が、ディラックと正規代理店契約を締結、日本に上陸することとなった。

Be Quiet!初のPCケースは静音フルタワー(製品名未定)

 そのBe Quiet!がCOMPUTEX TAIPEI 2014の会期中、会場近くのホテルにプライベートルームを設け、同社初のPCケースなど新製品を報道陣に公開した。

Be Quiet!初のPCケース

 1年前から開発を続け、ようやくできあがったのが、今回お披露目された同社初のPCケース。静音にこだわっており、静音ファンの採用、吸音材と防振ゴムの取り付けなど、音漏れを極力避ける作りになっている。世界に先駆け9月に日本で先行発売される予定で、予価は1万8000円前後とのこと。

フロントには回転数1000rpmの140mmファン×2を搭載。フロントパネルの裏には吸音材とダストフィルターを装備
サイドパネルのフタを外すと120mmファンを増設可能サイドパネル裏面にも吸音材が貼られている
搭載可能なVGAは長さ約285mまで。3.5インチシャドウベイを取り外せば420mmまで搭載可能。外した3.5インチシャドウベイは5インチベイに取り付けることもできるベイの構成は5インチ×3、3.5インチシャドウ×7。3.5インチシャドウベイの天板と底面には2.5インチHDD/SSDを取り付け可能だ
HDDを取り付けるレールはゴム製。3.5インチシャドウベイと同じデザインなので、取り付けても違和感がない天板には熱を逃がすスリットがある。ここも音がもれないように設計されているという
リアには1500rpmの120mmファンを1基装備。水冷用ホールや、電源用の吸気フィルターも用意されているトップパネルを外したところ。天板には140/120mmファン×2を増設できる
右側面にも、2.5インチシャドウベイを2つ用意しているこちらはオレンジカラー。カラーはは黒、銀、オレンジの3色をラインナップする
カラーによって、トップパネルの両端、ファンの防振ゴム、ケーブル裏配線用のホール、3.5インチHDD用レールの色などが異なる

(→次ページヘ続く 「CPUクーラーと電源の新製品をチェック」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中