このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

発売されたばかりのau「Xperia ZL2」の実機を詳しくチェック!

2014年05月25日 14時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

au版のXperiaフラグシップはオリジナルのデザイン

 GALAXY S5に続いて、auの夏スマホでは2機種目となる「Xperia ZL2 SOL25」が23日に発売された。

 ドコモからリリースされているグローバルモデル「Xperia Z2」とは異なるデザインのXperia ZL2だが、スペックや機能を見ていくと、共通点もあれば、そうでない部分もある。

 まずディスプレーはZ2の5.2型に対して5型。ただし、本体サイズはさほど大きく変わらず、横幅は約72mmで(Z2は約73mm)、重量は逆に若干重くなっている(Z2の約163gに対し、約167g)。

 本体デザインとしては、側面も背面も樹脂を採用。背面は半透明のバックパネルを前後から加飾することで、Xperiaロゴが浮き上がるような感じなのが美しい。特にターコイズのカラバリが印象的。今回実機をチェックしたホワイトは清潔感があり、ブラックはマットな感じにで、それぞれ異なるため、ぜひ店頭などで実機をチェックしてほしい。

背面に半透明のパネルが重なるようになっているのがわかるだろう
ロゴが浮き上がって見える。こちらもカメラは1/2.3型サイズのセンサーを搭載

 背面からサイドにかけてはなだらかな曲線によるラウンドフォルムで持ちやすさという点では、Z2と比べても◎だろう。

カラバリはこの3色
こちらがターコイズ
このカラーは率直に美しい
ブラックはマットな印象
防塵対応ということでmicroUSBはキャップ付きだが、そのかわり卓上ホルダーは標準で添付される

 カメラ機能では、インカメラがZ2の約220万画素に対し、ZL2は約31万画素とスペックダウンしているが、リアカメラについては約2070万画素の1/2.3型センサーで、機能面でもほぼ同等。4K動画の撮影やタイムシフトビデオ、6秒のループ動画を撮影して「Vine」に投稿できるなどの機能をそなえる。

撮影した動画の一部を高フレームの滑らかなスローモーション動画にできる「タイムシフトビデオ」。これは楽しい!

(次ページでは、UIの画面や詳細スペック)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART