このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第203回

iPhone内のヒミツの写真を「トリミング」で隠してみる

2014年04月13日 17時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 いつでも気軽に写真が撮れるiPhoneだが、そうはいっても、その中にある写真には見られたくないというものもあるだろう。かといって、何もかも消す……というわけにはいかないのも、悲しいが事実だ。

 今回はiOSの「トリミング」機能を利用して、サムネイルを偽装する(この言い方は悪いかもしれないが……)方法を紹介しよう。

今回はJR京都駅のホームで撮った写真のサムネイルが仕事先の人に見られたらヤバい、という設定でこれを隠してみる。「他の写真で京都に行ったとわかるだろ! いい加減にしろ!」というツッコミはなしの方向でお願いします

 「写真」アプリで、まずは隠したい写真をタップして開き、右上の「編集」をタップする。編集画面になったら、右下のアイコンをタップして、トリミング画面にしよう。そこで、画面に写っている“見られたくない部分”を避けるようにトリミングするのだ。

写真を開いて、右上の「編集」をタップ。編集画面になったら、右下のアイコンをタップするとトリミング画面になる
トリミング画面になったら、スワイプして見られたくない部分を隠してしまおう

 うまくトリミングしたら、右上の「保存」をタップすればいい。こうすると、肝心なところがトリミングされた画像となり、一覧でサムネイルを見ても大丈夫。タップして開かれても問題ない(「これ、何で撮ったの?」と言われる場合はあるかもしれないが)。

写ったらまずい部分を隠したら、右上の「保存」をタップする一覧ではトリミングした画像がサムネイルになるので、見えなくなるという仕掛けだ

 ところで、「画像をトリミングしたら、元の画像に上書きされてしまうのでは?」と思う人もいるだろう。しかし、この編集機能はあくまで“元画像を編集したように見せている”ものなのだ。トリミングした後の写真を選び、編集でもう一度トリミングしようとすると、元の画像が枠外に表示される。つまり、画像の修正内容を別に保存して、写真そのものには修正を加えていないので、いつでも戻すことが可能だ(関連記事)。

トリミングした画像を開いて、編集画面でおもう一度トリミングし、広げるようにスワイプすると……画像が元に戻る。トリミングしたように見せかけているわけだ

このテクを使っている覆面:カリーさん

 男子たるもの、やっぱり見られたら困る画像って持っていると思うんですよね……。いや、後ろめたいのはわかるんですけど、そういう画像こそ容易に消せないというもので。今回のテクニックでうまくごまかしましょう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中