このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第340回

OM-D E-M1で撮る白銀の世界を歩く猫

2014年01月31日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
雪の中で賢明に鳴くの図。背景が雪で真っ白なのでよりきれいに撮れていいわぁ。腰のあたりの色が少しくすんでみえるのは、緑色のフェンスが少しかぶっちゃったからです。フェンス越しに、鳴くタイミングを見計らって撮影(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)
雪の中で賢明に鳴くの図。背景が雪で真っ白なのでよりきれいに撮れていいわぁ。腰のあたりの色が少しくすんでみえるのは、緑色のフェンスが少しかぶっちゃったからです。フェンス越しに、鳴くタイミングを見計らって撮影(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 それにしても冬ですな。

 毎年1~2回はカメラを持って雪のある場所へ出かけるのだけど、みなさまご存じの通り、猫は寒さが苦手なので、歩いてても猫を見かけることはまずない。

 猫がいないわけじゃなくて、わざわざ雪中散歩姿を見せてくれないってだけで、飼い猫なら室内に、そうじゃなくても雪がなく、風が当たらない場所をうまいこと見つけてそこにいるわけで、出会うチャンスが激減するのだ。

 そればかりはしょうがないので、あきらめてたのだが、先日雪の街を歩いてたら……足跡発見。

狭い日陰の積雪の上に猫の(とおぼしき)足跡発見。今回は猫に出会えそうな予感がする(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)
狭い日陰の積雪の上に猫の(とおぼしき)足跡発見。今回は猫に出会えそうな予感がする(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 この狭い隙間をわざわざS字に歩くところとか、ど真ん中は歩かないところとか、近くに人間の足跡がないところから見て、猫に違いない、と。雪に足跡を見つけるとちょっとドキドキしますな。

 結局、足跡だけだったのだけど、いることはわかった。あとは運だ。本当に運。何しろ猫探しに来たわけじゃないのである。

 そしたら、少しだけ運があったようです。

 建物と建物の隙間に、崖下へ降りていく階段があって「へー、ここを降りたらどこへいけるんだろう。それとも冬は雪に埋もれてるのかな、面白そうなら降りてみようかな」とふと覗きこんだら、階段下に見える道路をのほほんと歩いて行く、もふもふした物体を発見したのだ。

崖下の狭い生活道路を我が物顔で歩く猫。塀の内側は墓地で雪かきする人もいないので、あんな上まで積もってる(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)
崖下の狭い生活道路を我が物顔で歩く猫。塀の内側は墓地で雪かきする人もいないので、あんな上まで積もってる(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 思わず手にしてたカメラで撮影。背中なのが残念だけど、まぎれもなく猫だ。真っ白な雪の上に猫は目立つのだ。

 雪道を歩く猫である。

 これは気になる、と階段を降りていくと、猫はとっくに遠くに行ってしまっていて、私の気配を感じて、一瞬止まる。

晴れていたけど、風があって、おそらく山の上で降っていたであろう雪がこちらにも舞っていたのだ。そんなシーンに猫がよく似合う(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)
晴れていたけど、風があって、おそらく山の上で降っていたであろう雪がこちらにも舞っていたのだ。そんなシーンに猫がよく似合う(2014年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 目が合う。背景が雪じゃないのでわかりづらいけど、軒下の雪が積もってないところを上手に辿って歩いていたのだ。

 明らかに警戒してるのでこれ以上は追わなかったけど(というか雪が積もりすぎてて追えません)、雪がはらはら舞う中、猫を発見したのでありました。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART