このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

オリンパスのデジタル一眼最上位機「E-M1」が来月発売に!

2013年09月10日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「OM-D E-M1」。本体は防塵・防滴仕様になっており、なおかつ-10度でも動作する耐寒性も持ち合わせる
「OM-D E-M1」。本体は防塵・防滴仕様になっており、なおかつ-10度でも動作する耐寒性も持ち合わせる

 オリンパスから、デジタル一眼フラッグシップモデルとなる「OM-D E-M1」が発表された。10月上旬発売予定で、ボディーのみ(ボディーキャップレンズ付属)の予想実売価格は14万5000円前後となる。

Eシリーズの最上位機種にして
OM-Dのフラッグシップモデル

本体前面と背面
ボディーはマグネシウム合金を採用 防滴仕様ということで、各部にシーリング処理が施されている
ボディーはマグネシウム合金を採用防滴仕様ということで、各部にシーリング処理が施されている
本体上面。右側に3つのダイヤルを装備するなど密度が高い
本体上面。右側に3つのダイヤルを装備するなど密度が高い
左右側面。HDMIやAV出力などのインターフェースは左側、SDメモリーカードスロットは右側にある
本体のカットモデル 本体のカットモデル

 同社はこれまで、フォーサーズ規格のデジタル一眼レフ「E」シリーズと、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼「PEN」「OM-D」ブランドを展開していたが、OM-Dなどでフォーサーズ規格(Eシリーズ用)の交換レンズを利用することは可能(フォーサーズアダプターを使用)だった。

 今回のOM-Dにおいてはさらに一歩進め、EシリーズとOM-Dシリーズを統合。OM-D E-M1はマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼だが、Eシリーズ最上位機種である「E-5」の後継機であり、同社ミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル、という位置づけになる。

フォーサーズアダプター「MMF-3」(機能小売価格2万1000円)を使用して、フォーサーズレンズを装着

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART