このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第189回

どんな写真でも水彩画にしてしまうiPhoneアプリがすごい!

2014年01月28日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

見事な水彩画……ではなく、写真をアプリで加工したものなんです

 iPhoneアプリのいいところの一つとして、カメラで撮った画像をすぐに加工できるところが挙げられる。トイカメラ風にしたり、ミニチュア風にしたりと自由自在。App Storeを見れば、その手のアプリは枚挙にいとまがない。

 もちろんその中には、どうしても「アプリで加工しました〜」という感じになってしまう、トホホなものも存在する。しかし、ものによっては、言われなければそれと気付かないほどクオリティーの高い加工をしてくれるアプリもあるのだ。

 今回紹介するのは『Waterlogue』。写真を水彩画風にしてくれるというものだが、難しい操作なしにかなり「それっぽく」なるのがすごい。なお、iOS 7.0以降でしか使えない点には注意。

Waterlogue App
価格300円 作者Tinrocket, LLC
バージョン1.0.1 ファイル容量39.9 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降

 使い方は簡単で、加工したい画像を選ぶだけ。ライブラリーから撮影した画像を使ってもいいし、その場で撮影してもいい。あとは自動でアプリが水彩画風にしてくれる。ただ、加工時間はちょっと時間がかかり、ものによっては20秒ほどかかることもある。

画像を選ぶだけで水彩画風にしてくれる。そのクオリティーはなかなかのものだが、加工にちょっと時間はかかる。10〜20秒程度を見込んでおこう

 画面下のメニューからフィルターを選ぶことで、加工したときのタッチや色合いを変えることができる。また、左にスワイプしていくと明るさの調節なども可能。加工する写真によって、線をクッキリさせるフィルターを選んだり、色合いを淡くしたりすることで、より「らしく」することが可能だ。

画面下のフィルターからタッチや色合いを変えることができる。写真アプリのフィルター効果を切り替えるような感じだ
左にスワイプしていくと明るさの調節なども可能だ

 加工した画像を保存したり、TwitterやInstagramに投稿したりしたい場合は、画面右やや下のハートマークをタップすることで表示するメニューから。画像を保存する際の形式をJPEG画像からPNG画像に切り替えたり、サイズを変えることもできる。

画面右やや下のハートマークをタップすることで、画像の保存をしたり、TwitterやInstagramに投稿したりできる。画像の保存形式やサイズを変えることも可能
食べ物をただ撮ってSNSにアップするだけではつまらないというときにも活躍。風景にも独特の味わいが出る。フィルターによって感じは大きく変わるので、いろいろ試してみるといいだろう

 App Storeでも高い評価を得ているこのアプリ、人気の秘密はやはり加工後のクオリティーにある。人物であれ、風景であれ、はたまた食べ物であれ、見事に水彩画にしてくれるのは見事で、操作も簡単。見慣れた景色や食事もあっという間に絵心あふれる作品に早変わりする。入れておくと何かと捗るアプリといえるだろう。


このアプリをオススメする覆面:じまPさん

 SNSなどにアップしたり友人にメールを送ったりするときに、アプリでちょっと加工して……というのはよくある話。とはいえ、今やトイカメラ風なんていうのはありきたり。このアプリはとにかく出来が素晴らしく、パッと見では「本当に水彩画では?」と思ってしまうほど。300円の有料アプリではありますが、絶対オススメです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】COMPUTEX TAIPEI 2016中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください