このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第156回

iPhoneと目標実現支援アプリで2014年を三日坊主にしないワザ

2014年01月08日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年始に目標を立てている人は多いだろう。資格を取ったり、禁煙したり、ダイエットしたり……。しかし、たいがいが三日坊主で達成できず、何年も同じ内容を掲げることになりがち。そこで、2014年最初の活用術は、目標の実現支援アプリで2014年を充実させるワザを紹介しよう。

2014年は、長期目標達成と日々の努力、健康維持の3つを実現しよう

目標達成までのカウントダウンでモチベアップ!

 達成したい目標を設定したら、常に目に入るようにしておかないと、何となく気にしなくなってしまうもの。本来は、目に入るところに貼り紙でもすればいいのだが、ちょっとかっこ悪い。そこでオススメなのが、「ソーシャルタイマー」だ。

 指定した日時を登録すると、カウントダウンしてくれる。まずは誕生日までに達成したい目標を登録しておこう。1000分の1秒単位でカウントダウンしてくれるうえ、残り時間の割合も表示されるので、嫌でも意識するようになる。親しい人の誕生日や記念日を登録しておけば、プレゼントを買い忘れることもない。初期設定のイベントとして、正月やPS4の発売日(2月22日)や東京オリンピック(2020年7月24日)などが用意されており、ワンタッチでタイマーをセットできる。

 とはいえ、アプリを立ち上げなければ目にすることもない。そのために、普通のキッチンタイマーとしても本アプリを利用するようにしよう。固定タイマーとして30/60/90分がプリセットされており、手動でも秒単位で設定できる。カップラーメンを作ったり、休憩時間を設定したりする普段使いで活用するようにしよう。そうすれば、頻繁に登録した目標が目に入るので、モチベーションを維持できる。

ソーシャルタイマー App
価格無料 作者PUMO Inc.
バージョン1.0.1 ファイル容量5.6 MB
カテゴリーライフスタイル 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降
起動画面の「+」をタップする「日付を指定する」をタップする件名と期限を入力し、「次へ」をタップする
確認画面が開くので「追加」をタップするFacebookと連携し、タイマーを投稿できる目標が登録できた。カウントダウンがスタートしている
「+」をタップして複数のタイマーを追加できる。標準で用意されているイベントから「東京オリンピック」なども登録可能
項目をタップするかスライドさせると、内容の編集やFacebookへの投稿、削除などができる
「設定」からFacebookの連係を解除したり、有料版にアップグレードしたりできる。有料版は400円で、広告が表示されなくなる残り時間のカウントダウンもできるので、キッチンタイマーとして普段使いしよう

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART