このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第152回

操作しにくい?バッテリーが保たない? iOS 7を使い倒すワザ

2013年10月16日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 5c/5sに買い換えたり、従来のiPhoneをiOS 7にアップデートした人は、インターフェースの変わりっぷりにずいぶん驚いたことだろう。多くの人は、なんとなくいじって使い続けているようだが、新機能のほとんどを理解していないことも多い。もったいないし、効率も悪いので、iOS 7のポイントを押さえておくことをオススメする。今回は、そんなiOS 7を使い倒すワザを紹介しよう。

がらっとデザインが変わったiOS 7。変更点もいろいろあるので、一度チェックしておくと、iPhoneをさらに使い倒せるようになる

いろいろと使い勝手が向上したiOS 7

 iPhone 5c/5sはiOS 7を搭載しており、それに合わせてiPhone 4以降の端末もアップグレードできるようになった。それにしても、3年以上前の端末が搭載しているOSを当たり前のようにアップグレードできるのはAppleの強みだ。Androidも見習っていただきたい。

現在の最新バージョンはiOS 7.0.2。細かい問題が解消されている

 AppleはiOS 7に200以上の新機能を搭載したと謳っている通り、確かに細かい部分が多数リニューアルされている。ここまでの全面リニューアルは初めてのことだ。見た目の印象も大きく変わっており、アイコンはフラットデザインになり柔らかい感じになった。

フラットデザインを採用したiOS 7

 まずフォルダの中に収納できるアプリが、12個から135個に増えた。フォルダを開くと9個のアプリが表示され、左右にフリックして15ページまで切り替えられるのだ。これで、「ゲーム1」「ゲーム2」のようにフォルダ分けしていたアプリをまとめられるようになった。

ひとつのフォルダにアプリをたくさん収納できるようになった

 ホーム画面を一番左にフリックしても、Spotlight検索の画面にならないので焦った人は多いだろう。iOS 7では、ホーム画面を下にスワイプすると上部から検索フォームが現れる。

画面を上から下にスワイプすると、Spotlight検索が利用できるようになる

 標準ブラウザーアプリ「Safari」も地味に使いやすくなっている。ウェブページを閲覧中、画面左から右にスワイプすると元のページに戻れるのだ。右から左にスワイプすると、「先へ進む」と同じ操作になる。

右にスワイプすると元のページが表示される

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART