このページの本文へ

8型タブ「ThinkPad 8」や新「ThinkPad X1 Carbon」などが米国で発表!

2014年01月06日 09時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
薄型ボディーの「ThinkPad X1 Carbon」
薄型ボディーの「ThinkPad X1 Carbon」

 レノボはInternational CES 2014の開催に合わせ、14インチ液晶搭載のUltrabook「ThinkPad X1 Carbon」や、8インチタブレット「ThinkPad 8」などのPC/タブレット製品群を発表した。グローバルでの発表で、新製品が日本に投入されるかどうかは未定だ。開催前日のイベント「CES Unvail」のレポートでは写真も掲載している(関連記事)。

ThinkPad X1 Carbon ThinkPad X1 Carbonのタッチパネル搭載モデル

 ThinkPad X1 Carbonは、最大9時間の駆動が可能なバッテリーを搭載しながら、タッチパネルディスプレー非搭載モデル(1600×900ドットのTN液晶)で17.7mm、搭載モデル(2560×1440ドットのIPS液晶)で18.46mmという薄さが特徴。重量は約1.3kgとなる。2560×1440ドットと高解像度で300nitと高輝度なモデルを用意。さらにOneLinkコネクター経由でドックの装着も可能。新オプションの「OneLink Pro Dock」も発表された。

ヒンジ手前のタッチパネルディスプレー。項目が入れ替わる
本体のキーボード。ヒンジ手前のタッチパネルディスプレーは項目が入れ替わる

 キーボードにはファンクションキーがないが、その代わりに横長のタッチパネルディスプレーをヒンジ手前に搭載。ファンクションキーとして使用できるほか、項目を入れ替えることが可能なので、音量調整や輝度調整といった操作を行なうこともできる。

 CPUには第4世代のCore i7を採用し、メモリーは最大8GB、ストレージは512GBのSSDを搭載可能。OSにはWindows 8.1を採用する。

ThinkPadブランドのタブレット「ThinkPad 8」 ThinkPadブランドのWindowsタブレット「ThinkPad 8」

 ThinkPad 8は、1920×1200ドットの8.3インチディスプレーを搭載するWinodws 8.1タブレット。ビジネス向けのタブレットという位置づけだ。CPUにはAtom Z3770(2.4GHz)を採用し、メモリーは2GB、ストレージは最大128GBまで搭載可能となっている。

 通信機能として無線LANまたはワイヤレスWAN(4G LTE/3G)の搭載が可能で、バッテリーは最大8時間駆動となる。

専用カバーの右上に斜めの線が入っているが、ここが折り曲がる 専用カバーの右上に斜めの線が入っているが、ここが折り曲がる

 前面に200万画素、背面には800万画素のカメラを内蔵。本体は黒でレンズ周囲を赤い線で囲ってあるのがThinkPadらしい。なお、専用のカバーは、タブレットのカメラ部分が来る位置(右上の角)が折り曲がる仕様になっており、さらに折り曲げると自動的にカメラ機能が起動する、というギミックが施されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ