このページの本文へ

薄型でかつ、Office込みで4万円台

レノボ、300g台中盤の8型Windowsタブレット「Miix 2 8」を発表

2013年11月26日 17時12分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは11月26日、8型ディスプレーを採用したWindows 8.1搭載タブレット「Miix 2 8」 (ミイックス ツー エイト)を発表した。価格はオープンプライス。店頭での販売価格は、Office Personal 2013搭載の32GBモデルが4万2800円、Office Home and Business 2013を搭載した64GBモデルが4万7800円になる見込み。

Miix 2 8

 販売開始は12月6日を予定している。

 デルや東芝など各社から製品が揃い始めた8型ピュアタブレットだが、本機は重量350gと軽量で、本体も8.35mmと薄型。片手で気軽に持ち上げ、大きめのジャケットであればポケットなどに入れてることも可能なのではないか。64GBモデルには内蔵カメラを利用した顔認識機能“VeriFace Pro”を採用。静止画での一般的な顔認識のほか、表情の変化などを使ったより高度なセキュリティーも実現できるという。

 CPUにAtom Z3740(BayTrailコア)を採用。解像度800×1280ドットの8型IPS方式の液晶パネルを採用する点などは競合機種と近い。10点マルチタッチにも対応。メモリー容量は標準で2GB、SSDの容量は上述のとおり32GBと64GBの2種類が選べる。このほか、Micro-USB端子やmicro SDカードスロットなどを搭載。本体サイズは幅131.6×奥行き8.35×高さ215.6mmで、重量は350g。

上位モデルでは顔認証機能のVeriFace Proが使える。

 なお、海外では3G通信内蔵モデルもリリースされるようだが、国内ではLTEが主流であるということもあって、今回は3Gモデルをリリースする計画はないという。今後の検討課題であるとした。

Miix 2 8の主なスペック
CPU Atom Z3740
メモリー 2GB
SSD 64GB 32GB
ディスプレー 8.0型IPS
解像度 800×1280ドット
カメラ 約500万画素(背面)、約120万画素(前面)
無線通信 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0ほか
I/O microSDカードスロット、Micro-USBなど
バッテリー 約10時間(2セル、容量4830mAh)
本体サイズ 幅131.6×奥行き8.35×高さ215.6mmで、重量は350g。
重量 約350g
OS Windows 8.1(32bit版)
Office Office Home and Business 2013 Office Personal 2013

 また、10.1型の液晶ディスプレーを採用した「Flex 10」も発表。こちらはタッチ対応ディスプレーとキーボードを持つタイプの製品で、液晶ディスプレー部分が約300度反転する点が特徴となる。主なスペックは下記のとおり。

Flex 10

 価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は5万円前後になる見込み。

Flex 10の主なスペック
CPU Celeron N2810(2.0GHz)
メモリー 2GB
HDD 500GB
ディスプレー 10.1型
解像度 1366×768ドット
カメラ 720pカメラ
無線通信 IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0ほか
I/O USB 2.0、USB 3.0、HDMIほか
バッテリー 約4.5時間
本体サイズ 幅273×奥行き188.5×高さ21mm
重量 約1.2kg
OS Windows 8.1(32bit版)
Office Office Home and Business 2013
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART