このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」 ― 第4回

Android世界シェアは2位以下すべてを足しても、1位サムスンに及ばない

iPhoneはマイナー! 全世界のスマホの8割はAndroid

2013年12月23日 09時00分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界ではAndroidが圧倒的シェアを誇る

 さて今度は、世界でのスマホシェアだ。

 米IDC調査の「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」(2013年11月12日)によると、2013年第3四半期(7~9月)に世界で出荷されたスマートフォンの台数は2億6110万台で、前年同期から39.9%増えている。同出荷台数のOS別順位はAndroidがトップで、iOS、WindowsPhone、BlackBerryと続いた。

 シェアトップのAndroid端末の台数は前年同期比51.3%増の2億1160万台となり、全体のなんと81.0%と8割以上を占める。世界ではAndroidが圧倒的シェアを誇るというわけだ。一方、iOSの出荷台数は3380万台で、前年同期に比べ25.6%増加したが、市場シェアは14.4%から12.9%に低下している。世界市場におけるシェアで見ると、Android対iOSは約6:1の差があるのだ。

 なお、WindowsPhoneは950万台で、出荷台数の前年同期比伸び率は156.0%増と一番高く、シェアも前年同期から拡大して3.6%となっている。一方、BlackBerryの出荷台数は450万台で、前年同期から41.6%減と大きく落ち込み、シェアも4.1%から1.7%へと低下した。意外なことにシェアは少ないがWindowsPhoneが一番増加率が高く、Blackberryはもはや減少に歯止めが利かない状態となっているのだ。

2013年第3四半期 世界スマートフォン出荷台数OS別シェア
順位 OS 台数 シェア
1 Android 2億1160万台 81.0%
2 iOS 3380万台 12.9%
3 Windows Phone 950万台 3.6%
4 BlackBerry 405万台 1.7%
5 その他 170万台 0.6%

2013年11月/IDC調べ

Android端末メーカー別シェアトップはサムスン!

 Android端末の中でのメーカー別シェアはどうなっているのだろうか。米LocalyticsによるAndroid市場シェアに関する調査結果(2013年10~11月)を見ると、サムスン製端末のシェアは63.3%と圧倒的だった。

 以降、2位はHCの6.5%、3位はLGの5.9%、4位はソニーモバイルの5.6%、5位はモトローラの5.0%と続いた。1位のサムスンと2位のHCの違いは約10倍にもなる。2位以下すべてを足しても、サムスンに及ばないのだ。サムスンの圧倒的強さがよくわかる数字と言えるだろう。

 世界的に見ると、Appleとサムスンが二大巨頭となっている。日本や米国などではiOSの人気は健在だが、世界的に見ると安価なAndroid人気が根強く、なかでもサムスンの存在感が強い。日本と世界の違いは、それぞれの地域でビジネスをする際にも参考になるはずなので、参考にしてほしい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ