このページの本文へ

Corsair、セミファンレスの新電源RMシリーズを発表

2013年09月12日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Corsairが都内で新製品発表会を実施、新ATX電源ユニットRMシリーズを発表した。80PLUS GOLDの認証を取得し、すべてのケーブルが着脱可能なフルモジュラータイプとなる。

Corsairが都内で新製品発表会を実施。Corsair社プロダクトマーケティングのシニアディレクターBertrand Chevalier氏が新電源RMシリーズについて説明した

 RMシリーズは、CXシリーズとHXシリーズの中間にあたり、ミドル~ハイエンド自作ユーザーがターゲットとなる。

80PLUS GOLDの認証を取得したセミファンレス電源のRMシリーズ。ケーブルはすべて着脱可能だ

 高い静音性を実現するために、基板のレイアウトを新たに設計。基板に実装される各部品は、冷却が必要な部品にエアーが効率よく当たるように配置され、さらに排気のエアフローの邪魔にならないようになっているという。ファンも静音性を重視したものを採用し、フル回転でも騒音値は24.8dBに抑えられている。また、負荷が40%以下の時はファンを停止する、セミファンレス仕様になっている。

エアフローを解析し、最適な基板レイアウトに設計し直している負荷が40%以下の時はファンを停止する静音設計

 システムの管理やモニタリングが可能な統合管理ツール「Corsair Link」にも対応し、別売のケーブル(1000Wモデルには同梱されている)を使用することで、12V出力とファンの回転数を監視できる。

付属のケーブルはフラットタイプ

 製品のラインナップは450/550/650/750/850/1000Wの計6モデル。9月中旬発売予定で、想定売価は以下のとおり。

RMシリーズ価格表
RM450 1万980円前後
RM550 1万1980円前後
RM650 1万3980円前後
RM750 1万5980円前後
RM850 1万7480円前後
RM1000 2万480円前後

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社