このページの本文へ

dynabook KIRA V832ロードテスト ― 第7回

各種作業を行ないながらの稼働時間を調べてみる

KIRA V832のバッテリーはどこまで保つ? 駆動時間テスト!

2013年09月13日 11時00分更新

文● 柴田尚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
高精細液晶に加え、カタログスペックで9時間以上を誇るKIRA V832。このノートPCは実際にはどれくらい動いてくれるのだろうか

 CPUに店頭モデルでCore i5-3337U(1.8GHz)を、直販モデルでCore i7-3537U(2.00GHz)使用することで高い処理能力を持ちながら、前者の場合はカタログスペックで約9.5時間という長時間駆動が可能な「dynabook KIRA V832」。だが、各種設定や使用する設定、状況によって、実際に稼働する時間はそこから短くなってしまうのは事実。というわけで今回は、各種作業を行ないながらの稼働時間を調べてみることにする。

 まず、状況として明記しておきたいのは、このテストに使用するのは、直販のi7搭載モデルのハイスペックタイプということ。さらに、どんなノートPCでも起こりうる、バッテリーの蓄電能力の低下が起きている可能性についても覚えておきたい。とはいえ、実際にこれまで使っているのは30時間程度なので、この程度ならばそれほど問題はないと思われる。

 そして、KIRA V832にはバッテリー駆動の際に、状況に合わせて

  • CPUの速度
  • ディスプレイの明るさ
  • HDD電源のオン/オフ
  • キーボードバックライトの点灯

などを、自動調節する省電力機能がある。だがここは、あえてそれらがほぼ働かない状況で行なう。高性能な状態でバシバシ使用した状態で動いてくれる時間を知りたいからだ。

各種設定が行なえる、デスクトップアプリメニュー。この部分の、システムセッティングなどを使って省電力モードにすることも可能だ

 具体的な稼働状況としては、60秒ごとに各種Webサイトを無線LANで巡回、さらに、10秒ごとにキーボードが押される状況で、どこまでバッテリー駆動が可能なのか確認する。この状況では、上記した各種調節機能はほぼ働かないと思ってよい。また、バッテリー駆動時間が3%を切ると、自動的にスリープ状態に入るので、そこまでの時間を計測という形にする。

 この計測には、フリーソフトの「BBench(バッテリーベンチ)」を使用した。正直、我ながら無茶な設定だとは思うが、ここはKIRA V832を信じていこう。バッテリー使い終わるまで長そうだなあ、待つのが大変だ、などとは思っていない! ちょとしか……

BBenchの結果。本当に4時間16分40秒なのが分かっていただけるはず。こちらもこの時間は驚いた

 さて結果発表だ。記事上では少ししか空いていないが、調査の時間はかなりかかっている。具体的には、このヘビーな使い方で、スリープに入るまで待った時間は4時間16分40秒だった。新幹線のぞみなら東京から広島まで行けるレベル。カタログスペックだけみれば10時間弱だが、酷使した状態で4時間以上も動くのは大したものだと思う。

 しかも無線LANはかなり電気を食うので、使わなかったらさらに駆動時間が延びる。さらに、前述した省電力機能を使用したら、もうどこまでいけるか想像もつかない。

この右側のバッテリー表示アイコンが、「もう無理!ギブギブ!」というまで動かした時間が4時間オーバー。なんだこのすごすぎる長時間駆動は。東芝の技術結晶すごすぎ

 この結果から、普通のビジネスマンが使っている分には、まず困ることはないということがおわかりだろう。1.35kgという軽量さ、美しい液晶、高品質サウンド、長時間駆動バッテリー。KIRA V832は文句のつけようがないモバイルマシンなのだ。

ロードテスト機の主なスペック
製品名dynabook KIRA V832
型番V832/W2UHS
CPUIntel Core i7-3537U(2GHz)
チップセットMobile Intel HM76 Express
メインメモリ8GB
ディスプレー(最大解像度)13.3型ワイド(2560×1440ドット/WQHD)、静電式タッチパネル(10点)
グラフィックス機能Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ約256GB SSD
光学式ドライブ-
通信機能無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
インターフェースUSB 3.0端子×3、HDMI端子、Bluetooth 4.0、92万画素ウェブカメラ、WiDiなど
メディアスロットSD/SDHCメモリカード
テレビ機能-
サウンド機能harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量約幅316.0×奥行き207.0×高さ9.5~19.8mm/約1.35kg
バッテリー駆動時間約9.5時間
OSWindows 8 Pro(64bit)
オフィスソフトMicrosoft Office Home and Business 2013/なし
主要ソフトAdobe Photoshop Elements 11/Adobe Premiere Elements 11


 

東芝ダイレクト
 
東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

この特集の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー