このページの本文へ

dynabook KIRA V832ロードテスト ― 第2回

dynabook KIRA V832の高精細タッチパネル液晶の操作性はいかに!

2013年07月26日 14時50分更新

文● 柴田尚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2560×1440ドットの高精細なタッチパネル。発色も美しい「dynabook KIRA V832」

 東芝の「dynabook KIRA V832」は、13.3型液晶ディスプレーを搭載し、最大19.8mmの薄さと、約1.35kgの軽さとハニカム構造で高い堅牢性を実現したUltrabookだ。前回はこの液晶ディスプレイの美しさを確かめたが、今回は、ウィンドウやアイコンをタッチパネル操作することになどよる使い勝手を紹介しよう。

 まず、PCを起動したときに現われる、モダンUIの操作性だ。これは、タブレット向けに作られたインターフェースなだけに、当然ながらクリックはしやすい。タッチパネルによる、スクロールや選択の反応も良好だ。

モダンUI画面。ここから代表的な各種アプリケーションにアクセスできる

 次に、タッチパネルを利用したファイル操作についてだ。ファイルのアイコンをある程度の大きさにしておけば、これは本当に快適。開くには、アイコンをタップすればよいし、コピーや移動などで複数のアイコンを選択する場合には、右手でで画面を操作しながら、左手でCTRLキーを押せばよいので、両手をキーボードとタッチパネル画面をいったり来たりする必要がなく、ほぼ気にならない。CTRLキーは左下隅にあるため、わざわざキーボードに視線を下げなくても押せるためだ。

ファイル操作はタッチパネルの便利さを存分に味わえる

 ただし、アイコンを長押した場合に現われたり、ウィンドウの左にあるフォルダー選択の場合などは、少々小さめの表示になってしまうので、慣れてくるまでは目的のアイコンを選ぶのは大変かもしれない。どうしてもやりづらい場合は、タッチパッドやカーソルキー+エンターを使用したほうがよいだろう。

 また、アイコンを長押しして現われる、アイコン操作のメニューも、画面が高精細なためどうしても小さくなってしまうので、選択する場合にはタッチパッドやキーボードを併用したほうがいいかもしれない。さらに、ウィンドウを閉じるための右上にある×ボタンを押すのも、慣れると小さいのにタッチ操作で選べるようになってくる。人間の適応力ってすごい。

このメニューはさすがに指で選択するには慣れが必要となる。キーボードを併用したほうがいいかもしれない

ウィンドウの移動やIE操作もタッチで楽々

 「dynabook KIRA V832」では、ウィンドウ自体の移動は、ウィンドウの上部を押しながら移動できるので簡単だ。さらに、ウィンドウの縮小・拡大は、ウィンドウのフチを指で選択しながら動かせばよい。本当に直感的に行なえるのだ。

 さらに、キーボードを使った文字入力が必要になったときは、ソフトウェアキーボードという手もある。さすがに長文を入力するのは大変だが、ファイル名を変更する程度には、とても便利だ。これは、右下のソフトウェアキーボード呼び出しアイコンを押すだけなので、とても簡単。

ソフトウェアキーボード画面。これにより、視線をキーボードに戻すことなく、文字入力が行なえる。また、この呼び出しは、右下のアイコンを押すだけでいい

 最後にInternet Explorerを操作してみよう。スクロールについては、サイト画面をドラッグするだけでいいし、リンクを踏む場合に、ちょっと指で選択するのは小さいと思ったら、ピンチによるズームを行なえばよいので簡単だ。このあたりは、スマホなどで慣れている人も多いので、すぐに理解できるはず。

インターネットエクスプローラを表示させてみた。ウィンドウの移動、縮小・拡大や、スクロール、ピンチによるサイト画面拡大など、非常に使い勝手がよい

 タッチパネルの簡単さと、キーボードの入力性の高さを両立しているのが、この「dynabook KIRA V832」なのだ。

ロードテスト機の主なスペック
製品名dynabook KIRA V832
型番V832/W2UHS
CPUIntel Core i7-3537U(2GHz)
チップセットMobile Intel HM76 Express
メインメモリ8GB
ディスプレー(最大解像度)13.3型ワイド(2560×1440ドット/WQHD)、静電式タッチパネル(10点)
グラフィックス機能Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ約256GB SSD
光学式ドライブ-
通信機能無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
インターフェースUSB 3.0端子×3、HDMI端子、Bluetooth 4.0、92万画素ウェブカメラ、WiDiなど
メディアスロットSD/SDHCメモリカード
テレビ機能-
サウンド機能harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量約幅316.0×奥行き207.0×高さ9.5~19.8mm/約1.35kg
バッテリー駆動時間約9.5時間
OSWindows 8 Pro(64bit)
オフィスソフトMicrosoft Office Home and Business 2013/なし
主要ソフトAdobe Photoshop Elements 11/Adobe Premiere Elements 11
東芝ダイレクト
 
東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

この特集の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー