このページの本文へ

dynabook KIRA V832ロードテスト ― 第1回

フルHDをはるかに超える2560×1440ドットは確かに凄い!

美しい液晶とそれを使いこなすツールを搭載した「dynabook KIRA V832」

2013年07月19日 08時00分更新

文● 柴田尚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シルバーで手前が薄いくさび形ボディの「dynabook KIRA V832」

 東芝の「dynabook KIRA V832」は、13.3型液晶ディスプレーを搭載し、最大19.8mmの薄さと、約1.35kgの軽さとハニカム構造で高い堅牢性を実現したUltrabookだ。しかもこの液晶がただ者ではない。フルHDをはるかに超える2560×1440ドットの、静電容量式10点マルチタッチパネルなのだ。画面が高解像度過ぎて、スペック見たときびっくりしましたよ。13.3型にWQHDて!って。ではまず今回は、この液晶について触れていこう。タッチパネルだけにね。あ、その、ごめんなさい。

 さて、本体を開くと、美しいグレアパネル液晶が目の前に広がる。電源を入れれば、そこはもう2560×1440ドットの世界だ。モダンUIで表示されるパネルが多く広さを感じる。それでいて、パネル内の「カレンダー」や「フォト」といった文字は、221dpiの細かさのおかげか、とても見やすい。

Windows8の特徴の1つ、モダンUI。タッチパネルならば使いやすいシステムだ。

 そして、表示をデスクトップに切り替えれば、非常に美しい高解像度の壁紙が出迎えてくれる。しかも発色は東芝のテレビ「レグザ」の技術が活かされており、かなり素晴らしく、写真などを鑑賞するにはもってこいだ。とはいえ、カタログスペックを見たときから、13.3型にこの高精細なディスプレーは、モダンUIのような決まった文字を読むだけならともかく、デスクトップのアイコンやシステムでの文字のサイズが小さくて見づらいのではないか、というのが気になっていたが……。

 さすが東芝さん!そんなことはお見通しだった!

 「dynabook KIRA V832」のデスクトップには、「デスクトップアプリメニュー」という各種設定を簡単に行なうソフトがある。ここには、文字やアイコンのサイズを自由に変更できる「画面設定ユーティリティ」という項目があるのだ。小さくて見づらいのではという心配は杞憂であった。

デスクトップアプリメニューでは、アイコンや文字サイズのほか、PC全体のシステムについての設定変更が簡単に行なえる

 ここには、フォントサイズを4段階から選べる「簡易設定」と、その4段階に加えて細かく調節できる「カスタムサイズ」が選べる「詳細設定」がある。自分の使いやすいサイズに自由に調整していこう。

簡単設定の場合は、「大きいテキスト」「最適」「小さいテキスト」「表示領域を最大化」の4つの項目から選択する。
一方、詳細設定では、簡易設定の4種類に加えて、「カスタムサイズ」の項目により、テキストの大きさやマウスポインター速度の変更が行なえる

 また、これはOSの機能であるが、デスクトップの何もないところで右クリックするか、画面を長押しすると出てくるメニューの「表示」でもアイコンサイズを3段階で調節できるので、状況によっての使い分けも簡単だ。

簡易設定で「最小」を選んだ状態。画面は広く感じるが、アイコンが小さすぎて非常に見にくい
簡易設定で「最大」を選んだ状態。アイコンが大きく見やすいのだが、画面が狭く感じてしまう
これは「標準」に設定したもの、ノートを使う距離だと、個人的にはこれくらいか「小さいテキスト」くらいが見やすかった

 ちなみに、dynabook KIRA V832の液晶画面は耐指紋コーティングが施されているので、タッチによる操作をかなり行なっても、指紋が気になるようなことはほとんどない。さすがに長時間使っていたり、指が脂で汚れているとうっすらと指紋がつくが、その場合は本体に同梱されているクリーナークロスでささっと拭き取れば、あっという間に元のきれいさが取り戻せるので安心だ。

ロードテスト機の主なスペック
製品名dynabook KIRA V832
型番V832/W2UHS
価格オープンプライス
CPUIntel Core i7-3537U(2GHz)
チップセットMobile Intel HM76 Express
メインメモリ8GB
ディスプレー(最大解像度)13.3型ワイド(2560×1440ドット/WQHD)、静電式タッチパネル(10点)
グラフィックス機能Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ約256GB SSD
光学式ドライブ-
通信機能無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
インターフェイスUSB 3.0端子×3、HDMI端子、Bluetooth 4.0、92万画素ウェブカメラ、WiDiなど
メディアスロットSD/SDHCメモリカード
テレビ機能-
サウンド機能harman/kardonステレオスピーカー
本体サイズ/重量約幅316.0×奥行き207.0×高さ9.5~19.8mm/約1.35kg
バッテリー駆動時間約9.5時間
OSWindows 8 Pro(64bit)
オフィスソフトMicrosoft Office Home and Business 2013/なし
主要ソフトAdobe Photoshop Elements 11/Adobe Premiere Elements 11
東芝ダイレクト
 
東芝ダイレクト

カテゴリートップへ

この特集の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー