このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第153回

これはなごむ! 雨音が流れ続けるiPhoneアプリでリラックス

2013年08月08日 14時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

「Raining.fm」。雨音を鳴らすラジオ、といったところか

 日本の夏といえば、様々な「音」が存在する。蝉の鳴き声、花火の音、夕立ちの音などなど……。しかし、iPhoneクラブのメンバーのようなインドア志向の人間にとっては、こんな風流の音などめったに楽しめるものではない。また、オフィスワーカーの人などにとっては、なかなかそういう環境を楽しめる場所に行けないケースも多いはず。

 幸いにして(?)、iPhoneには様々な環境音を鳴らすアプリが存在する。今回はその中から、「Raining.fm」を紹介しよう。その名の通り、雨音をずっと鳴らし続けるというちょっと変わったアプリだ。

Rainingfm App
価格170円 作者Div Party
バージョン1.0 ファイル容量9.6 MB
カテゴリーミュージック 評価(無し)
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、およびiPad 対応OSiOS 5.0以降

 楽しみ方はシンプルで、アプリを起動するだけだ。操作は再生/一時停止と、音量調整のみ。あとは、鳴り続ける雨音を楽しめばよい。雨の勢いは、雨の音、小雨ときどき雷、雷雨を選ぶことができる。なお、これらは1つずつではなく複数選択可能なため、すべてを選択すると凄まじい嵐になる。

アプリを起動すれば、もう雨音が響く。再生/一時停止と音量調整のみという潔さがいい選べる音は、雨の音、小雨ときどき雷、雷雨といった具合……というわけで、全部選択するとなんだかすごいことになる

 また、スリープ用のタイマーを入れているのも面白い。蒸し暑い夜中になかなか眠れぬときなど、スピーカーやイヤホンなどを繋ぎ、雨の音を鳴らしているとリラックスして入眠できそう。バックグラウンド再生にも対応しているので、他のアプリを起動しながら雨音を楽しむことも可能だ。

表示される画像も選択できるスリープタイマーなども付いているので、入眠用のBGMとしても最適かも。バックグラウンド再生にも対応しているのは嬉しいところ

このアプリをオススメする覆面:じまP

 ただ雨の音を流し続けるという、ちょっと変わったアプリです。しかし、室内での作業が続くときなど、雨音を鳴らしていると意外とリラックスできたりするもの。バックグラウンド再生への対応や、タイマー機能など、おやすみ前のリラックスアプリとしても使えそうです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中