このページの本文へ

iPhoneをサイクルコンピューターにできるBluetoothセンサー

2013年06月15日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPad miniをサイクルコンピューターとして利用できる、Mobile Action製のBluetoothスピード・ケイデンスセンサー「CS-20」がテクノ・ハウス東映に入荷している。

iPhoneやiPad miniを本格的なサイクリングに利用できる、Bluetooth接続の測定器。クランクの回転数や速度を計測、効率のよいトレーニングを可能にする

 自転車のペダル付近に装着することでクランク回転数(ケイデンス)と回転速度を測定、自分がペダルを回す速さやテンポを管理できる。対応アプリと組み合わせることで、iPhoneやiPad miniなどをサイクルコンピューターとして利用できるというアイテムだ。

 自転車に乗る際は、筋肉疲労や心拍数上昇などの身体的負担を少なくするため、ケイデンスを一定に保つ必要がある。その測定に使用するのがサイクルコンピューターだが、一般的にかなり高価なため、iPhoneやiPad miniなどの身近なデバイスで代用できるのは嬉しい。自転車を使ったトレーニングを行なっているiPhoneユーザーにはオススメなアイテムだ。

ユニット自体はペダル付近のポールに付属のタイラップで固定、センサーと連携してスピードとケイデンスを測定する
なお、同店にはGPSロガー機能も搭載するサイクルコンピューターも合わせて入荷。以前ご紹介した心拍計「HRM-10」を含め、だいぶ関連アイテムが増えてきた印象だ

 対応機種は、iPhone 5/4S、第4/3世代iPad、iPad mini、第5世代iPod touchなどBluetooth 4.0に対応するiOSデバイス。電源はボタン電池「CR2032」で、電池寿命は一日1時間使用でおよそ1年間。IPX7に準拠する防水性能をもつため、雨天下でも使用できる。

 テクノハウス東映にて4480円で販売中。なお、同店にはMobile Action製のサイクルコンピューター「GT-820PRO」も同時に入荷。こちらは1万1800円で販売されている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART