このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第137回

ミニ四駆世代感涙! タミヤのストップウォッチアプリ

2013年05月19日 15時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

TAMIYA STOPWATCH。あのタミヤのストップウォッチです、といえば「おっ」と思う世代も多いのでは

 iPhoneのいいところは、アプリを使えば様々な用途に使えるところだ。本連載でもたびたび紹介しているように、あるときはスケジュール管理に、あるときは情報調べに、またあるときはゲームで暇つぶしに……と様々な顔を見せる。iOS標準のアプリも使いでがあるが、やはり専門的なアプリを入れておくと“尖った”用途に便利なのも事実だ。

 今回紹介するのは、ストップウォッチ。もちろんiPhoneには「時計」アプリにストップウォッチ機能があるが、こちらはRCカーでのタイムアタックなど、仲間同士でタイムを競う目的に特化したストップウォッチアプリ。しかも、製作メーカーはあのタミヤだ。1/100秒まで測定可能なストップウォッチ機能だけでなく、最大40人分のタイムをタイム順に表示するランキングボードがあるのも特徴。

TAMIYA STOPWATCH App
価格無料 作者TAMIYA
バージョン1.0 ファイル容量4.4 MB
カテゴリーユーティリティ 評価(5)
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第4世代)以降、およびiPad 対応OSiOS 4.3以降

 本アプリは、まずイベント名と参加者を編集できるところが面白い。最大40人までメンバーを追加でき、それぞれのタイムをはかることで、メンバーが短いタイム順に並んでいく仕組みだ。実際にタイムを計測するときは、メンバーをタップするとストップウォッチ画面になる。

イベント名、参加者の名前を変えられるのは、イベント向きといえるだろう
第1回チキチキiPhoneクラブ杯のイベントを作成。いよいよタイムを実測していく

 ストップウォッチは手動でのスタートに加えて、カウントダウンスタート機能も搭載しているところや、計時中は他のプレイヤーとのタイム差をグラフで表示するのは、いかにもレース仕様といったところだ。面白いのは、「リタイア」という項目まであるところ。確かにレースをやっていく上で完走できないというのはあることなのだが、実際に搭載されているところはさすがタミヤといえるだろう。

いたって普通のストップウォッチだが、「リタイア」があるのはレース仕様といえるだろう
計測中は他のプレイヤーとのタイム差をグラフで表示する

 ランキングの順位表示は昇順 ・降順の入れ替えが可能なほか、表示させるプレイヤー名やイベント名はもちろん任意の名前に変更可能。イベントは保存すればいつでも参照できるほか、facebookなどに投稿できるので、大会の結果を友人たちに知らせるときなども役立つだろう。また、イベント参加者の集合写真等を追加できるだけでなく、メールでの送信時には、計測結果を画像形式で送信するか、テキスト情報として送信するかを選択することもできる。

イベントを保存できるので、記録を保管する必要がないほか、結果をSNSに投稿することもできる。レースイベントをカジュアルに開きたいという人にはうれしいだろう

 なお、ストップウォッチはカウントダウンでスタートさせることもできるので、用途に応じて使い分けたい。

ストップウォッチはカウントダウンでスタートさせることもできる

このアプリをオススメする覆面:カリーさん

 RCカーやミニ四駆に夢中になった世代なら、「あのタミヤのストップウォッチだ」と見せるだけで胸が高鳴りそうなアプリだ。大人になって、子供の頃に憧れたレースに勤しんでいる人たちにとっては、時間の計測やイベント管理を手軽に行えるアプリとして活躍しそう。それだけでなく、陸上や水泳など、部活男子にもすすめられそう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中