このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

藤田 咲さんのボイスが導いてくれる

【発売日決定】ミクさんがナビゲート! ミクタブの実力を探る

2013年04月30日 22時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミクタブレットを必要以上にねっとり触るなど

 俺たちのミクさんがタブレットになったことで話題をさらった「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」は、発売日が直前に4月15日から延期されたが5月3日に決定した。編集部にはすでに評価機が届いていたので、さっそく必要以上にねっとり触った。パッケージなどの情報については、すでに公開されている記事通りなので、そちらを参考にしてもらいたい(関連記事)。

※4月30日追記:同製品の発売日は、5月3日(金)に決定しました。

噂の「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」とドライブ!

 このミクタブレットの価格は3万9800円。スペックをみると、OSはAndroid 4.0、CPUは1.2GHz動作のデュアルコア +Mali-400MPを搭載。メモリーは512MB、内蔵ストレージが8GB。ディスプレーは7型(800×480ドット)を採用する。スマホでいえば、一昨年の後半くらいのスペックといってよく、価格帯とスペックを考えると、秋葉原で散見される中華タブレットよりかなり割高感はある。

 ただ「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」の製品名にもある通り「タブレットナビ」として仕上げられているため、いわゆるタブレット的な運用ではなく、カーナビとしての運用を考えると、GPSや自動方向センサー、加速度センサーなどナビに必要な機能が揃っているし、PNDと大差ない価格であり「安くもないが高くもない」価格といえる。

 タブレットではなく、カーナビとしての実力はいかほどか!? 編集スエオカと100km以上にわたる検証をしたので、じっくりネッチリレポートしよう!

車両は編集スエオカの愛車であるBMW Z3。左ハンドルだが、筆者の座る場所が右シートなので、右ハンドル時の視認性などがわかりやすいため都合がよかった
ミクさんタブレットということで、ミクっぽいYシャツを導入してチェックした(※服装と性能は関係ありません)Androidタブレットとしては一昔前のスペックだが、カーナビとしての動作はキビキビしていた
インターフェースは本体上部と右側面に集中している。上部には電源/スリープボタンとボリュームボタン、右側面にはACアダプタージャック、microUSB、HDMI出力、microSDカードスロット、ヘッドフォンジャックがある

とりあえず取り付け開始
どこに付けるか、それが問題だ

 みっくみくなパッケージを開封すると、タブレット本体のほかに吸着式スタンド、ホールド用台座、スタンドカップ、シガー(DC)ケーブル、ACアダプター、イヤホン、USBケーブル、取扱説明書(本体内蔵)、クイックガイドの同梱されていた。車載するときに使用するものは、吸着式スタンドとホールド用台座、スタンドカップ。電源確保を考えると、シガー(DC)ケーブルも必要になるが、ほかにUSB充電したいものがある場合は、シガー(DC)ケーブルにUSBポートがないため、使い勝手が悪い。別途、USBポート×2といったシガー変換プラグを用意しておくといいだろう。当然だが、ミクタブレットはAndroidタブレットであり、microUSBもあるため、AC充電にこだわる必要はない。

 取り付けはまずホールド用台座からだ。他の車載用スタンドと同じく粘着性が高く、1度取り付けると剥がすのは困難なので、視界の確保を確認しつつ、Goodな場所に取り付けるといいだろう。そのあとは、吸着式スタンドを取り付け、スタンドカップにミクタブレットをセットするだけで準備完了だ。車から降りるときはスタンドカップごと外せばいいのは、PNDと同じ使い勝手の良さだ。

ホールド用台座と吸着式スタンドをセットしたところ。スタンド側の吸着もしっかりしているスタンドは上下左右に高さと向きを変更できる
スタンドカップを取り付けたところ。中央のスリットを利用して、吸着スタンドに取り付ける。取り外しは楽だが、取り付けは停車状態でないと危険だ右ハンドル車でのドライバーズアイに近い画角で撮影したもの。7型は操作するにも見るにもちょうどいい大きさだ。また液晶パネルの視野角はそれほど広くはないが、真正面から見るよりもちょっと斜めから見たほうが発色がいい。そのため、車載時は写真のようにドライバー側に向けるだけでなく、ダッシュボードに対して水平でもいい
電源は付属のものではなく、筆者愛用のInnergie mMini DC10を使用した。コンパクトながら最大2A出力に対応するだけでなく、過電流保護、過電圧保護、過温度保護、ショート回路保護も備える。あと、ミクタブレットの色に合わせたかったので

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART