このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

9製品にハイブリッドドライブ搭載、Windows 8 Pro搭載モデルも

東芝「dynabook」の2013年新春Webモデルを大紹介!

2013年02月22日 11時30分更新

文● 八木澤健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝のノートPC「dynabook」と、一体型PC「dynabook REGZA PC」の2013年春Webオリジナルモデルが、2月14日に発売された。新しくなった2013年Webオリジナルモデルをチェックしてみよう。

 Webモデルでは、NANDメモリーをHDD上に内蔵し、キャッシュとして利用することで高速化したHDD「ハイブリッドドライブ」搭載モデルを6機種30モデルに拡充した。通常のSSDやHDD以外に、ハイブリッドドライブ搭載モデルが選択できる。

東芝のNAND搭載型HDDで、NANDをキャッシュとして使用する

 また、店頭モデルはすべてに「Microsoft Office 2013」がプリインストールされているが、Webモデルでは搭載の有無を選択できる。

GPU搭載の17.3型大型ノート「dynabook Satellite T772」

 dynabook Satellite T772はCPUにCore i7-3630QM(2.40GHz/TB時3.40GHz)、ビデオチップにGeforce GT630Mを搭載する17.3型(1600×900ドット)ノートPC。

 BDXL対応ブルーレイディスクドライブを搭載し、ストレージがハイブリッドドライブとなる「T772/W7TH」と、750GB HDDの「T772/W6TH」。そして、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、ストレージがハイブリッドドライブとなる「T772/W5TH」と、750GB HDDの「T772/W4TH」の4モデルがある。

dynabook Satellite T772は、光学ドライブとストレージが違うモデルが選択できる

 ハイブリッドドライブ搭載モデルでは、Windows 8の起動時間が従来機種より3秒速くなったという。スピーカーはHarman/Kardon製のステレオスピーカーを搭載する。カラーバリエーションは、ダークシルバーの1色となる。

dynabook Satellite T772のダークシルバー

主なスペック
製品名 dynabook Satellite T772
型番 T772/W7TH T772/W6TH T772/W5TH T772/W4TH
直販価格 10万2800円 8万9800円 9万4800円 8万1800円
CPU Core i7-3630QM(4コア/2.4GHz/TB時3.4GHz)
チップセット Intel HM76 Express
メインメモリー 8GB(最大16GB)
ディスプレー(最大解像度) 17.3型液晶(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 Geforce GT630M
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ 750GB HDD 1TB ハイブリッドドライブ 750GB HDD
光学式ドライブ BDXL対応ブルーレイディスクドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n
インターフェース USB 3.0端子×4、D-sub端子、HDMI出力端子、100万画素ウェブカメラ
カードスロット SD/miniSD/microSD/SDHC/microSDHC/SDXC/MMC対応スロット
テレビ機能 -
サウンド機能 ヘッドホン端子、マイク端子
本体サイズ/重量 幅418.2×奥行き272.2×高さ33.7mm/約3.0kg
バッテリー駆動時間 約3.7時間
OS Windows 8(64bit)

3波Wチューナーモデルも用意!「dynabook Satellite T752」

 dynabook Satellite T752は、15.6型(1366×768ドット)のテレビ機能搭載ノートPC。新たにプリインストールされたソフト「dynabook TV center」で、同社の液晶テレビ「REGZA」に近い操作感でTVの視聴/録画ができるという。

dynabook Satellite T752は、どのモデルも1TBのハイブリッドドライブを搭載する

 Core i7-3630QM(2.40GHz/TB時3.40GHz)、3波Wチューナーを搭載する「T752/WVTHB」と、Core i3-3120M(2.50GHz)、シングルチューナーを搭載する「T752/WVJHB」の2モデルがある。ストレージは両機とも1TBハイブリッドドライブ。カラーバリエーションはダークシルバーの1色となる。

主なスペック
製品名 dynabook Satellite T752
型番 T752/WVTHB T752/WVJHB
直販価格 10万800円 7万2800円
CPU Core i7-3630QM(4コア/2.40GHz/TB時3.40GHz) Core i3-3120M(2コア/2.50GHz)
チップセット Intel HM76 Express
メインメモリー 8GB(最大16GB)
ディスプレー(最大解像度) 15.6型液晶(1366×768ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ 750GB HDD
光学式ドライブ BDXL対応ブルーレイディスクドライブ
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
インターフェース USB 3.0端子×4、D-sub端子、HDMI出力端子、アンテナ端子、100万画素ウェブカメラ
カードスロット SD/miniSD/microSD/SDHC/microSDHC/SDXC/MMC対応スロット
テレビ機能 地上/BS/110度CSデジタル放送対応TVチューナー×2 地上デジタル放送対応TVチューナー
サウンド機能 ヘッドホン端子、マイク端子
本体サイズ/重量 幅385.0×奥行き252.5×高さ31.4mm/約2.7kg
バッテリー駆動時間 約4.1時間
OS Windows 8(64bit)

(次ページ、15.6型「dynabook Satellite T642」、タッチ対応「dynabook Satellite T572」の説明に続く)

東芝ダイレクト

前へ 1 2 3 4 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー