このページの本文へ

F5ネットワークスのBIG-IPやHPのMSM760/765をサポート

ソーラーウィンズ、NPMでのモニタリング対象を拡大

2012年11月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月9日、ソーラーウィンズはネットワーク管理ツール「SolarWinds Network Performance Monitor(NPM)」の最新版を発表した。

ネットワーク管理ツール「SolarWinds Network Performance Monitor(NPM)」

 ネットワーク機器の状態が一目で確認できるだけでなく、ハードウェアの内部情報も入手可能な「ハードウェアヘルスモニタリング」機能は、デバイスのセンサーで温度、スピード、電源などの状態が確認でき、アラートの設定も行なえる。サポートする機器はシスコシステムズのUCSとNexus 1000v、ジュニパーネットワークスのJunOS、VMwareのvSphere、マイクロソフトのHyper-Vなど。

 加えて、F5ネットワークスのBIG-IPやHPのMSM760/765をサポート。これにより、さらに複数のベンダー製品同士でも容易に異種間ネットワークが使用できるよう改善されたという。

 SolarWinds Network Performance Monitorの価格は、1年間のメンテナンス保証付きで29万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ