このページの本文へ

塩田紳二のWindows 8 IN-N-OUT ― 第18回

Windows 8ではDVDを再生できない!? その理由と対策は

2012年08月30日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 8のWindows Media Playerは
DVDを再生できない!?

 もうひとつの変更として、Windows 8のWindows Media Playerでは、DVD再生ができなくなる。これはDVDコーデックの有無とは無関係で、PC上にDVDコーデックが存在していてもできない。というよりも、Windows Media PlayerからDVD再生機能がなくなったのである。なお、ARM版となるWindows RTには、そもそもWindows Media Player自体が付属しないという。

 これには、いくつか理由があるのだが、Windows 8の開発ブログ「Building Windows 8」では、「DVDの再生や制御は、本来のユーザーインターフェースであるサードパーティーソフト側から行なうべきだ」としている。つまり、これまでのようにサードパーティーDVD再生ソフトを入れるとWindows Media Playerでも再生できていたことは、ひとつの機能にまったく別の2つのユーザーインターフェースが存在することになり、むしろ混乱を生んでいたのだという。

 ところがWindows 8用の「Windows Media Center」では、DVDを再生できる。Windows Media Centerには、DVDコーデックや再生機能が含まれているからだ(図2)。ただしWindows 8では、Windows Media Centerは別売のオプションソフトとなっている。

図2 Windows 8でのDVD再生の仕組み。Windows 8にはDVDコーデックが付属せず、Windows Media PlayerもDVD再生機能を持たなくなった

 Windows Media Centerは、Windowsから直接オンラインで購入するソフトウェアとなった。ただしその価格は、Windows 8のエディションにより変わっている。まずWindows 8 Proの場合、「Windows 8 Media Center Pack」を購入する。これは、Windows Media Centerだけの製品である。

 無印のWindows 8(以下Coreエディション)の場合には、Windows 8 Proへのアップグレードパッケージである「Windows 8 Pro Pack」に、Windows Media Centerが含まれる。ただし、CoreエディションにはWindows Media Centerだけを入手する方法がなく、ProへのアップグレードでしかWindows Media Centerを入手できない。

 なお、この「Windows 8 Media Center Pack」「Windows 8 Pro Pack」の価格だが、現時点では発表されておらず、正式出荷日の10月26日には発表されると思われる。ただし、どう考えても2つのパックが同価格とは考えられず、Coreエディションユーザーのほうが高くなると思われる。これらパックの入手方法だが、コントロールパネル内の「Windows 8への機能の追加」から行なうことになっている(現時点では動作していない)。

Windows 8にMedia Center機能を導入するには、コントロールパネルにある「Windows 8への機能の追加」(赤枠内)から購入する

この特集の記事

関連記事

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

デル株式会社