このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第14回

ティッシュを引き抜くだけのアプリが異様に面白くて困る

2012年04月25日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(編集担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

ティッシュを引き抜く、ただそれだけ

名は体を表す? 『ティッシュ』

 数え切れないほどの種類があり、日進月歩で次々と新しいバージョンが公開されるiPhoneアプリ。多彩な機能やスタイリッシュなデザインなどでユーザーを魅了するアプリはもちろん素晴らしいが、ちょっとおバカで単純なものも捨てがたい魅力がある。

 そんな時代に逆行する(?)アプリを今回は紹介したい。その名も『ティッシュ』。ティッシュペーパーをフリックで引き抜きまくるだけという、超シンプルなゲームアプリだ。

ティッシュ App
価格無料 作者I-FREEK INC.
バージョン1.3.0 ファイル容量7.1 MB
カテゴリーゲーム ユーザーの評価(4.0)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

 遊べるモードは2つ。10秒間か30秒間のいずれかの時間内に引き抜いた枚数を競う「なんまいとれる?」と、20枚か100枚かを選び、その枚数を引き抜くスピードを競う「なんびょうかかる?」だ。いずれにしても、とにかく速く引き抜くことを競う……という点では変わらない。なお、どのモードも抜いた枚数が記録され、「せいせき」でハイスコアを閲覧できる。

モードを選び、あとはただ無心になってひたすら引き抜くのみというシンプルさ
ハイスコアもしっかり記録するので、精進しがいがあるというもの

 また、iPhoneをはさんで向かい合い、対戦することもできる。やってみるとわかるのだが、人と人とがタイマンでティッシュを引き抜き続けるというシチュエーションに妙なバカバカしさがあり、つい熱狂してしまう。もちろんハンディーキャップもアイテムの類も存在しないので、小細工なしのガチンコ勝負が楽しめる。

 とにかくルールが単純明快、説明いらずの簡単さで、飲み会や合コン時の話題作りにも持ってこい。しかし、一度ハイスコアを狙おうとすれば、己の集中力が試されるストイックなアプリとなる。意外に“使える”内容で、しかも無料。ぜひ遊んでみてほしい。

対戦モードもやることは同じ。両者がティッシュ箱に指を置くと、3秒後に対戦開始だ。興奮しすぎてリアルファイトが勃発しないように注意

このアプリをオススメする覆面:トシロさん

暇つぶしのつもりが、ついついハイスコアを更新しようとムキになってしまうアプリ。大の大人がiPhoneの画面で対戦するチマチマ感もかえって熱いんだよな。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】AMD新CPU Ryzen大解説

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください