このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第77回

iPad/iPhone/OS X+iCloudで「文書」が変わる

2012年04月02日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

「Document in the Cloud」とは

 最新のiOS版iWork(プレゼンソフト「Keynote」/表計算ソフト「Numbers」/ワープロソフト「Pages」)を利用したことがあるだろうか? これらのアプリの設定で「iCloudを使用」をオンにしておくと、新規作成した文書はiCloud上に保存される。編集作業により生じた変更も、逐一iCloudに反映される。これが「Documents in the Cloud」だ。

「iCloudを使用」がオンのとき、新規作成文書はすべてiCloud上で保管され、どこにあるかを意識する必要がない(Document in the Cloud)

 たとえば、iPadの「Numbers」でスプレッドシートを作成したとする。作業内容は直接iCloud上の書類に対し行なわれるため、ユーザーが意識して「保存」する必要がない。作業直後から同じApple IDでヒモ付けられたiPhoneで開くことができ、同じことが他のiOSデバイスでも可能になる。

iOS版「Numbers」の設定画面。「iCloudを使用」をオンにすれば、iCloud上で文書が管理される

「key-Value型」による文書管理

 このような文書管理は、「key-Value型」と呼ばれるデータハンドリング機構で実現される。iOSのみならず、OS X Lionでもサポートされている(だが現行のOS X版iWorkでは未対応)ため、iCloudとの統合が進む次期OS「Mountain Lion」にタイミングをあわせリリースされる可能性が高い。

 前述の例でいえば、外出時iPadNumbersで作成したスプレッドシートを、帰宅後OS XのNumbersで開く、あるいはその逆、といった作業をスムーズに行なえるようになる。Lionで登場した文書の差分情報を逐一保存する機能「バージョン」が組み合わされるとすれば、iWorkにおける文書の概念すら変わってくる。

 key-Value型のデータ保存では、文字列にオブジェクトを関連付けたものを積み重ねるようにして、ひとつの文書を形成する。それは細ぎれのデータの集合体で、従来のファイルよりも「データベース」に近い構造を持つことが特徴だ。次項では、iOS版Numbersで作成したスプレッドシートを例に、その構造を見てみよう。

Keynote App
価格850円 作者Apple
バージョン1.6 ファイル容量326.8MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(4)
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降
Numbers App
価格850円 作者Apple
バージョン1.6 ファイル容量282.5 MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(3.5)
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降
Pages App
価格850円 作者Apple
バージョン1.6 ファイル容量268.7 MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(3.5)
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中