このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第7回

会議や授業中の着信でiPhoneの音を素早く消すには

2012年03月26日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく本連載。iPhone上級者なら、「なにを今さら」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

会議でiPhoneの着信音が鳴り響いても、慌てず騒がず
ボリュームボタンかスリープボタンを押そう

 電話がかかってくるのは、なぜか会議中など間が悪いタイミングが多い。さらにマナーモードにし忘れてしまって、静かにしなくてはいけない場所で着信音が鳴り響いてしまった……という経験がある人もいるのではないだろうか。

 まずは「とにかく音だけすぐに止めたい」というシチュエーションの場合。具体的には、会議中にお得意先から着信があり、一旦離席して通話したいのだが、部屋を出るまで着信音が鳴り響いているのは気まずいというような場面だ。解決策としては、本体横のボリュームボタン、もしくはスリープボタン(電源ボタン)を押そう。着信音だけでなく、バイブも止まる。

着信を切りたい場合、普通に操作できるのであれば[拒否]を選べばいいだけだが、画面を見る余裕が無い状況であれば、スリープボタンを2度押しする

 つづいて、着信自体を切りたい場合。iPhoneを操作できる状況ならば[拒否]を押せば通話を切ることもできる。ボケットやカバンにiPhoneが入っていて、すぐに画面の操作をしにくい状況では、スリープボタンを2度押しする。これだけで着信を拒否することができる。

 画面を確認できないが、とにかく今すぐ着信音を切りたい、着信を拒否したいというような状況は意外に多い。重要な会議などではマナーモードに移行しておくのを忘れないことが一番重要だが、つい端末を鳴らしてしまった状況で、慌てて余計に操作を手間取ったのでは、会議の参加者に「マヌケな奴だ」と思われてしまいかねない。しっかり頭に叩き込んでおきたいテクと言える。


じまPさん

大学院生の自分としては、大学での講義中に着信があった場合などに絶対必要なテクです。マナーモードにするのを忘れるなというだけの話なんですが……。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中