このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第107回

SNSにアップする写真を「室内で」キレイに撮る技

2012年03月21日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FacebookやTwitter、mixiなどのSNSやブログに日常のスナップを投稿している人は多いだろう。ケータイやスマホのカメラで適当に撮ってもだいたいの雰囲気は伝わるが、どうせならキレイな写真を残したいところ。今回は、薄暗い室内でも、SNSにアップする写真をキレイに撮る技を紹介しよう。

どうせ記念日の記録を取るなら、キレイな写真で残したい

手ブレを抑えてキレイな写真を撮る

 スマートフォンで撮影した時には普通に見えても、PCのブラウザーで開くとブレていることが多い。ウェブで見るなら少々クオリティーが低くても気にならないとはいえ、SNSやブログに投稿する写真はキレイであることに越したことはない。将来、プリントアウトしたり、メモリアルの写真集を印刷する際に利用するかもしれないならなおさらだ。

 飲み会やパーティではスマートフォンで写真を撮る人が多い。しかし、暗い照明の店舗だと高い確率でピンぼけや手ブレが起きてしまう。画面をタッチしてシャッターを切るので、仕方のないところではある。

適当に撮影していると、ブレたり暗かったり、使い物にならない写真になってしまうことが多い

 iPhoneに標準搭載されるカメラアプリは、タップしたときではなく、画面から指を離したときに撮影される。このことを知っていると、ブレをずいぶん抑えられるので活用しよう。また、端末を横に持って撮影する場合は、音量の+ボタンを押してもシャッターが切れる。ただし、ボタンが小さい上にストロークが少なく、手ブレの原因になるので気をつけたい。

iPhoneのカメラは指を離したときに撮影されるiPhoneの音量ボタンは小さく、筆者の太い指では相当力を入れないと押せない

 そこで、パーティー時にお勧めなのが「GIZMON iCA for iPhone4/4S」(3980円)。iPhone 4/4Sに対応するカメラ型のカバーだ。がっちりと端末を包み込み、一見するとカメラのように早変わりする。もちろん、単なるカバーではなく、撮影のためのギミックを搭載しているのがウリ。シャッターボタンを押すと、音量の+が押されて撮影が可能だ。シャッターボタンが大きく、本体の音量ボタンよりもずっと押しやすいのがいい。ほどよい大きさで、ホールド感が高まり手ブレが抑えられるのもメリット。一眼レフのように覗けるビューファインダーを備えるが、これは画面を見ればいいだろう。

 手持ちのストラップを付けて首から吊せば即席カメラマンとして会場を動ける。そうすれば、参加者の誰にでも気軽に声をかけられるのでお勧めだ。撮影時にはiPhoneのシャッター音が鳴るので、相手からツッコミを受けるのも面白い。実はiPhoneでしたとカミングアウトして会話を始めよう。残念ながらスルーされてしまったときは、写真を送るよとカメラを裏返してメールアプリを開き、メールアドレスを聞き出せばいい。

「GIZMON iCA for iPhone4/4S」を装着一見カメラのようだ
「GIZMON iCA for iPhone4/4S」をセットした状態だと端末だけの時より撮影しやすい。被写体は秘蔵のコニャック100年物。飲みきる前に写真を撮っておかねば手ブレのない写真が撮れた
オプションのミニ三脚「GIZMON iCA POD」を装着したところ。価格は1980円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン