このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第66回

オンラインストレージ「SkyDrive」はiDiskの代替になるか?

2011年12月16日 21時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

「MobileMe iDisk」後のオンラインストレージ

 筆者のような仕事に限らず、何らかのドキュメント/データを他者とやり取りする人間にとって、ファイルの受け渡し方法は重要だ。小さなサイズのZIPファイルひとつ、Excelファイルひとつであればメールへの添付で済ませることもできるが、容量がかさ張るファイルを含むとなると、そうもいかない。また最近では、セキュリティ対策の一環として、メールへのファイル添付を禁じている企業もある。まさか物理的なメディアにコピーして宅送するわけにもいかず、必然的に「ファイル中継基地」を介してやり取りすることになる。

 これまでMacユーザー向けに提供されてきたオンラインサービス「Mobile Me」は、今秋「iCloud」への移行を開始した。フォトストリームやバックアップなど、どちらかといえばiOSに比重を置いた機能が追加されており、iOSとMac OS Xがフラットな位置関係に変化したことを実感させる。

 Mobile Meを利用してきたMacユーザーの多くがiOSデバイス所有者だとすると、iCloudへの移行はメリットのほうが多いが、残念な点がひとつある。ファイル中継基地として利用されたであろう「iDisk」が、来春をもってサービス停止になることだ。

遅い、よく止まる、など非難されつつもMacユーザーのファイル中継基地として活躍してきた「iDisk」。2012年6月30日にはサービス終了予定という

 現状、半年ほどの猶予期間はあるが、これまでiDiskに頼ってきたユーザーは、急ぎiDiskの代替を見つけなければならない。しかし、オンラインストレージであればすべてOKということはなく、妥協できない点があるはず。筆者としては、以下の3つは譲れないと考えている。

1. Finderにマウントできる

 WebDAVベースのサービスであるiDiskは、ファイルシステムにマウントして利用できる。Finderから直接扱える点は、操作性の面でメリットが大きい。WebDAV以外の方法でもかまわないが、ウェブブラウザー経由でダウン/アップロードすることは避けたい。

2. 第3者がアクセスできる

 iCloudでもファイル共有的なことは可能だが、同じApple IDでサインインする必要があるため、ファイル中継基地としての活用は難しい。第三者でもアクセスできる仕組みは必須だ。

3. iOSデバイスから利用できる

 もはや必須のメッセージングツールとなったiPhoneからファイルを操作できれば、機動性は大きく改善される。ウェブブラウザーからのログインでなく、専用アプリがあればベストだ。

主なオンラインストレージサービス(その1)
名称 Box.net Dropbox FileAnywhere firestorage
無償利用可能なストレージ容量 5GB 2GB 1GB 250MB
有償プランのストレージ容量 20/50GB 50/100GB 1GB〜500GB(1GB単位で指定可能) 25/100GB
1ファイルあたりの最大サイズ 25MB(無償会員)/1GB 制限なし(要クライアント) 500MB/1GB/制限なし(アップロード方法に依存) 250MB(無償会員)/4GB(正会員)
ファイル共有機能
iPhone/iPadアプリ
Mac用クライアント ×
フォルダーの同期 × 自動(1フォルダーのみ) 自動 ×
主なオンラインストレージサービス(その2)
名称 NAVER Nドライブ quanp SafeSync SkyDrive
無償利用可能なストレージ容量 30GB 1GB 20GB(30日間) 25GB
有償プランのストレージ容量 10/100GB 20/50/100GB
1ファイルあたりの最大サイズ 4GB(要クライアント) 2GB 制限なし 100MB(Windows Live Mesh利用時は制限なし)
ファイル共有機能
iPhone/iPadアプリ
Mac用クライアント × ×
フォルダーの同期 × × × 自動(要Windows Live Mesh/最大5GB)
主なオンラインストレージサービス(その3)
名称 SMEStorage SugarSync Yahoo! ボックス ZumoDrive
無償利用可能なストレージ容量 2GB 5GB 5GB 1GB
有償プランのストレージ容量 対応オンラインストレージを利用 30/60/100/250/500GB 50/1000(予定)GB 10/25/50/100/200/500GB
1ファイルあたりの最大サイズ 制限なし(要クライアント) 制限なし(要クライアント) 300MB 制限なし(要クライアント)
ファイル共有機能
iPhone/iPadアプリ
Mac用クライアント ×
フォルダーの同期 自動 自動 × 自動

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中