このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Apple Geeks ― 第104回

出たばかりのMac版「Yahoo!ボックス」を早速試した

2013年02月15日 10時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobuTELAS

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

こういうクラウドサービスも必要だ

 Mobile MeからiCloudへ移行したとき、多少なりとも戸惑いや違和感を感じたユーザーはいないだろうか? 実は筆者もそのクチで、編集者とのファイルの受け渡しに活用していたiDiskのサービス終了には困惑したし、非Apple製品ユーザーにも写真アルバムを認証機能付きで公開できた「ギャラリー」の消滅により、撮影した写真の配布が不便になった。

 確かに、文書データの保存場所を意識させないなどiCloudのメリットはあるが、「ファイル」の扱いが必要な場面ではそうもいかない。たとえば、仕事で使う100MB超のZIPファイルを受け渡すオンラインストレージとしては使えないし(相手にApple IDとパスワードを教えるわけにはいかないだろう)、共有フォトストリームもパスワード認証に対応しないため「ギャラリー」のような運用はできない。

 そこで注目していたのが「Yahoo!ボックス」。Yahoo! JAPANが提供するこのサービスは、オンラインストレージとしての機能を中心に、2011年に提供が開始されたもの。PCやスマートフォン上のデータをオンラインと同期するなど、Dropbox風の使い方が可能になる。通常価格の場合容量5GBまで無料、Yahoo!プレミアム会員ならば無料で50GBまで利用できる。

「Yahoo!ボックス」
Yahoo!ボックスの容量プランおよび価格
プラン名 1000GBプラン
(予定)
50GBプラン 5GBプラン
通常価格 1000円(予定)
(Yahoo! BB会員は無料)
無料
Yahoo!プレミアム会員価格
(プレミアム会員費は別途必要)
300円(予定) 無料

 これまでは、iOS版クライアントアプリが用意されていたものの、OS X版クライアントアプリは存在せず、Macユーザーはウェブブラウザーから操作するしかなかった。それが先日、OS X 10.6以降に対応するクライアントアプリ「Yahoo!ボックス for Mac」がついに公開、ファイルをドラッグ&ドロップすればアップロードできるなど、使い勝手が格段に向上している。

「Yahoo!ボックス」クライアントアプリのMac版、「Yahoo!ボックス for Mac」。ドラッグ&ドロップがサポートされるなど、Finderとの親和性が高い
お約束どおり、インストールはアプリケーションフォルダーに重ねれば完了。あとはYahoo! JAPAN IDを入力してログインすればOK
サービス開始当初から提供されているiOS版「Yahoo!ボックス」。写真や動画をアップロードできるPadにもネイティブ対応、画面を2分割して一方に写真のプレビューを表示するなど、画面構成が工夫されている
Yahoo!ボックス App
価格無料 作者Yahoo Japan
バージョン2.0.3 ファイル容量4.9 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.2以降
Yahoo!ボックス for Mac
価格無料 作者Yahoo Japan
バージョン1.0.0 ファイル容量10.7MB
対応デバイス64bit CPU搭載Mac 対応OSOS X 10.7以降

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中