このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第151回

ASUS Eee Pad Transformer TF-101を発売日に衝動買い

2011年06月30日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Computexを湧かせた「Eee Pad Transformer TF-101」

 台北で開催された恒例の「COMPUTEX TAIPEI」を約十数年ぶりに見学に行った。ギミックとガジェットに瞬間的に反応する筆者が最注目したメーカーはASUSTeKだった。中でも期間中に台北市内のコンピュータショップで販売が開始されていた「Eee Pad Transformer TF-101」は、価格的にも手頃で、衝動買いは必至だった。

 しかし、現物を目の当たりにした途端、特殊な中国語文字の描かれたキートップに意気消沈。差し出したクレジットカードを速攻でしまう結果となった。帰国後、ASUSTeKのWebサイトで即刻日本語版モデルの予約を行ない、6月25日の午前中に商品を受け取った。

パッケージを開けると、タブレットとモバイルキーボードドックが別々に現れる。感動の一瞬だ

 Eee Pad Transformer TF-101は、待望のAndroid 3.0(Honeycomb)を採用したタブレットで、デュアルコアCPUのNVIDIA Tegra 2を搭載しており、極めて高速に動作する。そして1280×800ドット表示の高解像度10.1型ワイドLED IPS液晶、それにも関わらず9.5時間のバッテリーライフを誇る画期的なAndroidタブレットだ。

WiFi設定をして、GmailのIDをセットすれば基本的な設定は終了だ見慣れるまでは、壊れたモバイルPCの感覚だ

 何より、目立ちたがり屋のガジェットフリークの話題をさらったのは、タブレットに、2ndバッテリーを内蔵した専用キーボード「モバイルキーボードドック」をドッキングし、一瞬にして“モバイルパソコン”にトランスフォームすることだった。

ドッキング部分は堅牢に作られており、多少手探りだが、ドッキングはスムーズにできる
表面は細かな模様が刻まれており、スリップ防止と傷の発生を抑制してくれる

 タブレットとモバイルキーボードドックの装着や分離は、極めてスムーズで簡単だ。モバイルパソコンに変身後のEee Pad Transformer TF-101の総重量は、実測で1325g。バッテリー持続時間は16時間に延長される。キーボードユニットを2ndバッテリーの格納庫と、I/Oポート拡張のドッキングステーションにするとは、なかなかこしゃくな設計だ。

液晶部分を持ち上げて開いて電源スイッチを入れると、瞬時に使えるので便利だタッチパッドでマウス操作が簡単だ。まったくWindowsパソコン同様の感覚で扱える

 タブレット側にはmini HDMI出力×1、microSDカードリーダー×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1、モバイルキーボードドック側には、USB2.0×2、SDカードリーダー×1となり、従来のタブレットやiPadと比較しても、圧倒的に充実した外部インターフェースを備えている。

拡張I/Oポートは、タブレット部分とモバイルキーボードドック部分に分散しているタブレット部分にはHDMI端子とマイクロSDスロット。モバイルキーボードドック部分には、SDカードスロットと2つのUSBポートが装備されている

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

デル株式会社