このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第204回

猫を見つけたら、とりあえず撮るのが大事!

2011年06月17日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
真っ白な身体に2色の目。「オッドアイ」という。フェンス越しだったので、フェンスと地面の間にレンズを入れて撮影してみた(2011年6月 ソニー NEX-5)
真っ白な身体に2色の目。「オッドアイ」という。フェンス越しだったので、フェンスと地面の間にレンズを入れて撮影してみた(2011年6月 ソニー NEX-5)

 前回の続き。散歩していると、やたら猫に出会う北千住なわけだが、突然出会った猫を確実に撮るのは実はけっこう難しい。

 旧街道を歩いていると、公園できれいな猫を発見した。そういう時はとりあえず、遠くからでもいいから撮る。1枚撮ってからその後で考える。

公園猫。横を向いていたけど、まずは1枚撮っておくべし(2011年6月 ソニー NEX-5)公園猫。横を向いていたけど、まずは1枚撮っておくべし(2011年6月 ソニー NEX-5)

 1枚撮った後で、どうやってこっちを向いてもらおうかな、と思っていたら、近くでサンドイッチを食べていたおじさんが、猫に食べさしのパンだかなんだかを差し出し、猫はあっという間にそれをくわえて茂みの奥へ。

 そんなこともあるので、最初のチャンスを逃してはいけないのだ。

 さらに、狭い路地に迷い込むと、駐車場に白猫を発見。脅かさないように身体をかがめて、そーっと近づいて、フェンス下の隙間から最初の1枚。

あまり近づくと逃げるよ、って顔をしていたので、まずは遠目から1枚。フェンスをできるだけ避けて(2011年6月 ソニー NEX-5)あまり近づくと逃げるよ、って顔をしていたので、まずは遠目から1枚。フェンスをできるだけ避けて(2011年6月 ソニー NEX-5)

 こちらをじっと警戒しているんだけど、フェンスがあるから安心ってこともたぶん知っている。だから動かないでいてくれる。

 じゃあ、もう少しいけるかも、とフェンスギリギリまで寄って撮ったのが冒頭の写真だ。

 この白猫、よく見ると「オッドアイ」。左右の目の色が違うのをオッドアイといって、白猫でよく見られる。オッドちゃんこんにちは。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART