このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

めんまに会えるかも!? 渋谷に「あの花」の秘密基地が登場

2011年06月03日 21時16分更新

文● 小野坂 怜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 古くは「ハチミツとクローバー」「東京マグニチュード 8.0」などを放送していた、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」。今クールは、主人公が引きこもりという驚きの設定から始まった「あの日見た花の名前を僕達は知らない。」(以後、「あの花」)と、金融ゲームを題材にした「C」が放送中の枠といえば、ピンと来る読者も多いのでは?
 この「ノイタミナ」に、オフィシャルショップが存在するのをご存じだろうか? 昨年は、吉祥寺PARCOでオープンしたが、今年の5月からは渋谷PARCOに場所を移し営業している、その名も「ノイタミナショップ」だ。店内では、ノイタミナグッズの販売以外にも原画や台本の展示がされていたりと、アニメファンならば一度は訪れておきたいショップといえる。

超平和バスターズの秘密基地が!
現実の世界に具現化!

 このノイタミナショップでは、本日(6月3日)から7月7日まで「超平和バスターズの”秘密基地(シークレットベース)” ~ノイタミナ「あの花」SHOP in 渋谷パルコ~」と題して、あの花のイベントが開催されている。
 本イベントの目玉は、主人公たち“超平和バスターズ”が幼いころ根城にしていた“秘密基地”が、店内に再現・展示されていること。併せて、原画や設定資料も見られるぞ。

開店直前の渋谷PARCO前。入り口付近にはすでに50人ほど待機しており、開店をいまや遅しと待ちわびていた
開店直後のノイタミナショップ内。ご覧のとおり、奥に行くだけでも労力がいるほど混み合っていた
こちらは展示されている原画。オープニングの最後に登場する“めんま”のカットは、笑顔が印象的だ
これが現実世界に具現化した秘密基地だ! ぽっぽが住んでるとはいえ、椅子やクッションなどひとつひとつのものはしっかりしたものとなっていた
超平和バスターズの掘り込みやぽっぽのエロ本など、再現率の高さはオフィシャルショップならでは!

 イベント開催に合わせ、いくつかのグッズも発売されており、早速購入するファンも多かった。公式サイトでも無料配布されている“めんまフォント”を使ったネームシールは、開店から2時間経っても並ぶ列が減らないほど。ある意味、秘密基地よりも人気だった。
 なお、今後は6月下旬から7月上旬にかけて、ポストカードやクリアファイルといったイラストをメインにしたグッズと、「めんまの日記帳」や「あなるのネックレス」、「つるこのブックカバー」といった、キャラクターが使用しているグッズの販売も予定されているそうだ。

先行発売となった「夜空とメンマTシャツ」。じんたんの父親である「篤」のポップがいい味を出している
あなるを除いたメンバーのマグカップは、実は現存する他社の商品。ノイタミナショップでは、メーカーと交渉の結果、今後全員ぶんのマグカップを販売する予定とのこと
ノイタミナショップ限定のグッズとなった「めんまが書いたネームシール」と「木札ガチャ」は、並ぶ人が絶えないほど大盛況

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社