このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

レノボ、新Coreプロセッサー搭載のThinkPadを発表

2011年03月29日 17時30分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは29日、ThinkPadシリーズのノートパソコンの新製品7機種を発表した。モバイルノートから大型ノートまで、いずれも第2世代Coreプロセッサー(Sandy Bridge)を搭載した製品となっている。

ThinkPad X220

ThinkPad X220

 ThinkPadシリーズの中でも携帯性を重視したモバイルノート「ThinkPad X」シリーズからは、「ThinkPad X220」が登場した。

 12.5型ワイドサイズで1366×768ドットの液晶ディスプレーを搭載し、標準の6セルバッテリー装着時で重さは約1.46kg。バッテリー駆動時間は最大約8.9時間。オプションの外付けバッテリー装着時は最長23時間と、優れたモバイル性能を誇る。CPUにはCore i5-2520M(2.5GHz)を搭載。メモリーは2または4GBを内蔵する。製品ラインナップは2機種用意されているが、仕様面での違いはメモリー搭載量のみとなる。

 企業内でのピーク消費電力を削減するのに役立つ「ピークシフト機能」に対応した省電力マネージャーソフトも搭載。ACアダプター駆動時に、電力消費のピーク時には自動的にバッテリー駆動に切り替えることで、電力消費を抑制する効果がある。なお、ピークシフト機能は本日発表の新製品はいずれも対応するほか、すでに販売中のThinkPadでも対応する製品がある。

 新プラットフォームに合わせて筐体も変更されたほか、キーボードレイアウトも変更。ThinkPad Tシリーズと同じEscキーとDeleteキーが大きいレイアウトとなっている。

X220のキーボードは、使用頻度の高いEscキーとDeleteキーを大型化したレイアウトを採用

 OSにはWindows 7 Professional(32または64bit版)を搭載。直販価格はメモリー2GBの「4290RW5」が19万5300円から。本日から販売される。

ThinkPad T420/T420s、T520

ThinkPad T420ThinkPad T420s

 ハイパフォーマンスの14型ディスプレー搭載ノート「ThinkPad T」シリーズからは、「ThinkPad T420」と「ThinkPad T420s」「ThinkPad T520」の3機種が登場した。

 T420/420sはどちらも14型級のディスプレーを搭載するノートで、T420が重さ約2.24kgとやや重く、T420sは約1.8kgとモバイル用途にも適した構成という違いがある。T520は15.6型ディスプレーを搭載し、重さは約2.6kg。全機種とも交換可能なベイに光学ドライブを内蔵する。

ThinkPad T520

 T420のディスプレーは、標準では14.0型/1600×900ドットだが、オプションで1920×1080ドットのフルHD解像度ディスプレーも選択可能。T520は標準で15.6型/1366×768ドットディスプレーを搭載するが、こちらもフルHD解像度のディスプレーを選択可能となっている。また両機種ともオプションで、独立GPUのNVIDIA NVS 4200M(ビデオメモリー1GB)を内蔵可能である。

 OSにはいずれもWindows 7 Professionalを搭載。予想実売価格は、T420(4177RZ8)が12万9150円、T420s(41716GJ)が19万9500円、T520(42404PJ)が20万2650円。本日から販売される。

ThinkPad Tシリーズのラインアップ
製品名 ディスプレー CPU GPU 重さ 予想実売価格
ThinkPad T420(4177RZ8) 14.0型 1600×900 Core i3-2310M 2.10GHz CPU内蔵 2.24kg 12万9150円
ThinkPad T420s(41716GJ) Core i5-2520M 2.50GHz 1.8kg 19万9500円
ThinkPad T520(42404PJ) 15.6型 1366×768 2.6kg 20万2650円

前へ 1 2 次へ