このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

エレコム/ロジテックで始める無線LAN ― 第2回

スマホ専用の無線LANルータ登場!

無線LANルータがあれば おうちスマホがもっと楽しい!

2011年04月11日 11時00分更新

文● 週刊アスキー編集部 撮影●篠原孝志(パシャ) イラスト●永野雅子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IEEE802.11g/b準拠、かつ11nの技術を採用した超小型無線LANルータ『LAN-W150N/RSPS(Android用)』。外部アンテナ搭載のプレミアムモデルは、半径約20メートルまで安定通信が可能だ

自宅でスマホを使うならWiFi接続がマスト!
超小型無線ルータでお部屋を手軽に無線化

 いつでもどこでもネットに接続できるのがスマートフォンの魅力。ついつい自宅にいるときも携帯回線で通信してはいないだろうか。

 自宅に高速なインターネット回線を引いているなら、スマートフォンでも使わないのはもったいない。WiFiを使えば、パケット通信料もかからないうえ、大容量のアプリのダウンロードやウェブサイトの閲覧もスムーズに行なえる。

 でも、無線LANルータの導入は設定が難しそうで……、という人にオススメなのが、スマートフォン専用の超小型無線LANルータ『LAN-W150N/RSPS』だ。

 スマートフォンでのWiFi利用を考えたもので、ごく簡単な設定ですぐにネットに接続できる。コンパクトサイズで、旅行の際はホテル内の有線LANポートを手軽に無線化できて便利。スマートフォンといっしょに持ち運びたいアイテムだ。

スマホに最適な小型無線ルータ『LAN-W150N/RSPS』(Android用)。手のひらサイズで70(W)×56(D)×13(H)mm、約40グラムと超コンパクト。実売価格:3500円前後(4月上旬発売)。iPhone用の『LAN-W150N/RIPS』も好評発売中

無線LAN導入の3つのメリット

メリット1:経済的!! パケット代がかからない

携帯回線を使わないので、いくら使ってもパケット通信料はかからない。自宅ではWi-Fi接続、外出時は公衆無線LANスポットを活用して、2段階型のパケット定額サービスなどを利用すれば、月々の通信料金はかなり抑えられる

メリット2:スピードが速い! 大容量アプリも余裕のダウンロード

高速な無線LANならアプリのダウンロードや動画サイトの表示もスムーズ。また、iPhoneの3G回線では20MBを超える大きなアプリのダウンロードができないが、無線LANならこの制限もなく、ダウンロードし放題だ

メリット3:いろいろつながる! PCやゲーム機もつながる

当然ながら、スマートフォン以外にもPCや無線LAN対応のゲーム機などもワイヤレスでネット接続できる。『LAN-W150N/RIPS』シリーズはWPS搭載なので、対応機器との接続設定はボタンを押すだけ、といたって簡単だ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

エレコム公式FBページ

プレスリリース