このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

エレコム/ロジテックで始める無線LAN ― 第18回

夜更かしタイムはこれでオーケー!夏のスポーツイベントは録りだめしてゆっくり見よう!

気になる番組をテレビ専用HDDに全部録り!

2012年07月17日 00時00分更新

文● 松下典子 撮影●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テレビ専用外付けHDDで手軽に録画容量アップ
テレビの内蔵HDDだけじゃ足りない!

 この夏は、大きなスポーツイベントがめじろ押しだ。テレビ中継を録画するには、手もちのレコーダーでは容量不足かもしれない。テレビやレコーダーに録画用USBポートがあるなら、外付けの大容量HDDをつなげば手軽に容量アップできる。大事な試合を録り逃さないように、機種に対応したテレビ専用のHDDを使うのがオススメだ。

録りだめに必要な容量をチェック!
放送レート 500GB 1TB 2TB
地上デジタル放送(約20Mbps) 約53時間 約106時間 約213時間
Bsデジタル・110度CS放送(約24Mbps) 約44時間 約88時間 約17時間
標準SD画質(約8Mbps) 約131時間 約262時間 約533時間

※東芝レグザの場合。時間は目安です。

ラシー

テレビ接続専用外付けHDD

LCH-DB1TUTVS(左)

直販価格1万1802円(1TB)

LCH-MN1TU3TVS(右)

直販価格:1万3818円(1TB)


 高級感のあるピアノ調ブラックや、スタイリッシュなアルミボディーのHDDなら、テレビの隣に置いてもオシャレ。1TBと2TBモデルがある。

テレビ専用HDDはココが違う!

  • ファンレスで動作音が静か
  • リビングAVに似合うカッコいいデザイン
  • 1.5メートルのUSBケーブル付属
  • 主要メーカー製テレビで動作確認済み

※LCH-DB1TUTVSのみ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

エレコム公式FBページ

プレスリリース